Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2008年の今日、パワーアップしたネットブック第2弾「Eee PC 901-X」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年7月12日, 午前05:30 in today
114シェア
21
55
0
38

連載

注目記事


おもなできごと
・1997年7月12日、東宝がスタジオジブリの「もののけ姫」を劇場公開
・2002年7月12日、バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)が反射型TFT液晶を採用した「スワンクリスタル」を発売
・2008年7月12日、ASUSがネットブック第2弾となる「Eee PC 901-X」を発売
・2013年7月12日、PFUがA3まで対応したスタンド型ドキュメントスキャナー「ScanSnap SV600」を発売
・2013年7月12日、キングジムがノートカバー型の薄型モバイルバッテリー「バテリオ」を発売

7月12日はラジオの本放送が始まった日。1915年の3月22日に始まった東京芝浦の仮放送所からのラジオ仮放送(東京放送局)が、愛宕山からの本放送へと移行したのが同年の今日です。

過去のできごとで気になったのは、ASUSの「Eee PC 901-X」発売(2008年)。初代の「Eee PC 4G-X」と比べ液晶の大型高解像度化、CPUの変更、メモリー・ストレージ増量、Bluetoothの追加、バッテリー駆動の延伸など、基本性能が大きくスペックアップされたモデルとして登場しました。具体的なスペックは、8.9インチ液晶(1024×600ドット)、Atom N270、1GB RAM、12GB SSDといったもので、その後のネットブックのお手本ともいえるものです。とはいえ、さすがにストレージが少なかったため、自力での大容量SSD、HDDへの換装といった改造が流行ったのも懐かしいですね。このあたりから、ネットブックの新製品ラッシュ、そして製品競争が激化していきました。

もうひとつ気になったのは、PFUの「ScanSnap SV600」発売(2013年)。電子書籍の普及が遅々として進まず、しびれを切らせた人らがスキャナを使って自力で電子書籍化する......いわゆる「自炊」が流行っていたころの製品です。このScanSnap SV600はスタンド型で、本を裁断して1ページずつ読み取るのと違い、本を開いた状態のままスキャンできるのが特徴。もちろん、中央部の膨らみによる歪み補正、本を押さえるために映り込んだ指の消去などもできました。貴重な資料を壊すことなく電子化できること、A3という大きなサイズまで対応できることが魅力。ちなみに現行品で、今でも購入できます。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

ウェアラブル翻訳機「ili」を中国で使ってきた。間違いなく旅行が2倍・3倍楽しくなる!


スタンドアロンで動作する、音声認識の翻訳機「ili」の話題です。

最近はスマホを使って翻訳ができるようになっていますが、オフラインで使うには事前にデータのダウンロードが必要だったりと、肝心な時に使えないこともあります。これに対しiliは旅行用の会話に特化されているとはいえ、完全に本体だけで動作するため、いつでもどこでも使えるというのがメリットです。翻訳は日本語から英語、日本語から中国語の2つのバージョンがあり、相手が話していることがわかるわけではありませんが、こちらの意思を伝えるには十分。外国語が得意でないのであれば、頼っていきたいデバイスです。

関連キーワード: asus, eee pc 901, netbook, pfu, scansnap, today
114シェア
21
55
0
38

Sponsored Contents