Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、延期の2イベントは8月4日に連続開催。フリーザー・ゼニガメを各3時間

大連続狩猟!

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年7月12日, 午前10:35
144シェア
11
88
0
45

連載

注目記事

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

Kiyoshi Tane, 13 時間前
View


豪雨災害を受けて延期していたポケモンGOのイベント「フリーザー・デイ」「コミュニティ・デイ」は、まとめて8月4日(土)開催に決定しました。

当初はどちらも正午から15時まで3時間の開催予定でしたが、新規日程の8月4日(土)には正午から15時が「フリーザー・デイ」、続いて15時から18時がゼニガメ大量発生の「コミュニティ・デイ」として、計6時間にわたって連続開催する変則的な構成になります。


ポケモンGOのイベント「フリーザー・デイ」は当初7月7日に、第七回「コミュニティ・デイ」は当初7月8日にそれぞれ開催予定でしたが、西日本豪雨災害を受けて延期していました。


当初は土日の二日間にわたって、それぞれ正午から15時の3時間ずつの予定でしたが、改めて発表された新日程では8月4日(土)の正午から18時まで、各3時間ずつに区切っての開催となります。

また、当初予定の7月7日・8日は、先立って実施された「グローバルチャレンジ」イベントの成功報酬として、各種のXPボーナスが適用される期間でした。

ボーナスは9日ですでに終了していますが、延期されていた2イベントの開催に伴い、8月4日の正午から18時まで6時間に限り再び各種XPボーナスが有効になります。



まず正午から15時のフリーザー・デイは、

・伝説の鳥ポケモン「フリーザー」が最上位レイドボスとして大量出現。なかには初登場となる色違い個体も。
・ジムから無料のレイドパス x5枚


続いて15時から18時の「コミュニティ・デイ」は、

・ゼニガメが大量発生。サングラスをかけた個体も
・開催時間内に進化させたカメックスは、特別にハイドロカノンを覚える
・タマゴ孵化に必要な距離が1/4


加えて、この2つのイベント期間内に有効になるXPボーナスは、

・ポケモン捕獲のXP 3倍
・タマゴ孵化のXP 3倍
・レイド勝利のXP 2倍
・しあわせタマゴの有効時間が1時間に延長(XP 2倍)


参加できるトレーナーにとっては忙しく消耗する日になりそうです。熱中症や周囲の安全にはくれぐれもご注意ください。

なおポケモンGOでは、今週末から来月にかけてみっしりと夏イベントが続く予定です。

7月14日・15日 米国シカゴで最大のイベント ポケモンGO Fest 開催。連動して全世界でグローバルチャレンジ再び。

7月21日 第二回のグローバルチャレンジが成功すれば、この日に特別なリワードイベント開催(前回はフリーザー・デイ)

7月27日・28日・29日 日本国内でスペシャル・ウィークエンド開催。参加券は7月11日のマクドナルドから配布中。7月26日予定のソフトバンク分は延期・調整中。



8月4日 フリーザー・デイ+コミュニティ・デイ(この記事)

8月29日~9月2日 横須賀でサファリゾーン in YOKOSUKA (要事前申し込み・抽選制)

144シェア
11
88
0
45

Sponsored Contents