Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンクが「駐車場シェア」 個人もスペースを貸出可

「BLUU」から某スマホメーカーを連想しましたが無関係でした

石井徹(TORU ISHII)
2018年7月13日, 午後03:40 in App
145シェア
26
62
0
57

連載

注目記事

ソフトバンクは、駐車場シェアリングサービス「BLUU(ブルー) Smart Parking」を10月下旬から開始します。先行トライアルとして、関東圏を中心とした一部の駐車場では8月20日よりスタートします。

「BLUU Smart Parking」は、駐車場の予約から決済までを、アプリ上で完結できるサービス。地図を見ながら事前が予約できることから、「空いている駐車場がなかなか見つからない」「周辺のコインパーキングを回ったがすべて満車」といった不便を解消できるとしています。

決済もアプリ上で完結するため、現金を機械に投入する手間がなく、出庫時には、利用した時間だけ1分単位の清算となるので、料金を支払う上での無駄もありません。ソフトバンクグループの「シナジー」として、アプリからYahoo!カーナビに連携する機能を搭載。駐車場までの経路をスムーズに案内できる点も強みとしています。


Yahoo!カーナビのアイコンをタップすると、経路案内が表示される

 8月20日のトライアルサービスでは、関東圏の一部の駐車場で展開。当初はスターツアメニティーと提携し、同社のコインパーキング「ナビパーク」の一部をBLUUの駐車場に改装します。アプリはiOS版のみの提供となり、Android版は追って配信されます。


ナンバーを画像認識、個人も駐車場を貸し出せる

「BLUU Smart Parking」は、駐車場を提供するオーナーと、駐車場を利用するユーザーをマッチングするプラットフォームとして展開。駐車場オーナーにとっては、導入コストを抑えて駐車場ビジネスを始められる点がメリットとされています。



同社は精算機やロック板を用意する一般的なコインパーキングを展開するのに比べて、導入費は大幅に抑えられると強調。その低コストを実現するデバイスとして発表したのが、新開発のカメラセンサーシステムです。

駐車場の後方に設置するこのセンサーは、画像認識技術でナンバープレートの情報を読み取り、予約されている車のナンバーかどうかを識別します。不正駐車に対して音声で警告したり、管理センターに通知したりするシステムも備えており、このセンサーを1台置くだけで駐輪場としての機能を完結できます。なお、通信にはLTEカテゴリー1が利用されています。


画像認識でナンバーを読み取る「カメラセンサーシステム」。不正駐車は音声で警告する

カメラセンサーシステムの導入費用は、具体的な金額は明らかにされませんでしたが、数十万円程度となる見込み。数百万円がかかるコインパーキングのシステムと比べると、大幅に導入コストを抑えることができるということです。駐車場の収益はレベニューシェアとして、ソフトバンク側の手数料が差し引かれた上で、駐車場オーナーに分配されます。システムの通信費用もその手数料に含まれるとのことです。

正式サービスの開始後、個人の駐車場オーナー向けのサービス提供も予定されており、より簡易的な磁気センサーシステムも開発されています。ナンバーによる識別機能は持ちませんが、出入庫管理はこなせるシステムで、カメラセンサーシステムよりも低コストで導入可能としています。


個人オーナー向けに提供される磁気センサーシステム。状態表示やナンバー検知などの機能は持たないが、より低コストで導入できる

自転車シェアと連携、価値向上狙う

駐車場シェアリングサービスは、NTTドコモが「Peasy」として展開中。楽天も「ラクパ」を展開しましたが、サービス開始から1年半を前に撤退しています。競合が多い激戦の市場に対し、ソフトバンクは「グループシナジー」と「ビッグデータ分析」を武器に殴り込みをかけます。

グループシナジーでは、Yahoo!カーナビとの連携機能を用意するほか、グループ傘下の自転車シェアリングサービス「HELLO CYCLING」とも連携。BLUU Smart Parkingの駐車場の横に、HELLO CYCLINGのシェアサイクルの駐輪場を用意することで、利便性を上げ、駐車場の価値の向上を図ります。



また、駐車場の利用データやシェアサイクルのAIで分析し、需要を可視化。スポットごとの予想収益を算出し、「Open Space Platform」として、駐車場オーナー向けに提供します。高収益が期待されるエリアに土地を持つオーナーに積極的に提案していくことで、収益性の高い駐車場用地を確保する狙いです。



ソフトバンクらしい戦略で挑むBLUU Smart Parkingですが、サービス発表会では、当初の展開エリアや規模など具体的な内容は明らかにされず、駐車場オーナーの導入コストや収益分配率なども大まかな内容が示されただけにとどまりました。粗削りな印象の発表会となっただけに、トライアル開始後の動向に注目したいところです。

なお、「BLUU(ブルー)」というブランド名は「ソフトバンクのシェアリングサービス」のブランド名という位置づけとのこと。発表会では第2弾、第3弾のシェアリングサービスの展開も予告されました。

関連キーワード: app, parking, sharing, softbank
145シェア
26
62
0
57

Sponsored Contents