Sponsored Contents

camerareview2018h1の最新記事

Image credit:
Save

カメラで選ぶ!最新スマホレビュー:Xperia XZ2版

フォトグラファー三井公一さんによる連載。前評判が高く期待が大きい話題の機種の実力は?

Hirotaka Totsu
2018年7月14日, 午前11:00 in Camerareview2018H1
85シェア
9
30
0
46

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


iPhonegrapherの三井公一(sasurau)さんによる、カメラ機能が売りの話題のスマホレビュー第4弾は「Xperia XZ2」です。「iPhone Xのレビュー」を基準に、共通のチェックポイントで評価してもらいました。

Gallery: Xperia XZ2 | 8 Photos

8



まずは、様々な材質や色合いのアイテムを並べた作例から。色や素材の幅が広く、カメラの性能を1カットで判定します。

「モデルとともにテーブル上に並べられた、布、金属、木でできたものの写りをチェックします。描写は全体的に見て平均レベルだと感じました。金属製ネットやクロスのプリントなど精細感はなかなかですが、やや発色が地味目でメリハリにかける印象を受けます。モデルのスキントーンは良好で見た目に近い仕上がり感でですが、画面周辺部における像の質が低いのが気になるところ。 」



続いては、風景を評価。風景は、旅行や外出の際など撮る機会も多い被写体です。

「空部分に露出を引っ張られ全体的にトーンが沈んでしまいスッキリとしない写真となりました。建物のテクスチャーや草の細かい描写はイマイチで、等倍で確認するのは厳しい写りとなっています。」



さらによく撮る被写体といえば、食べ物。SNSにアップしたときの見栄えなどカメラに依存する部分も多いです。

「料理の写りはとてもいいですね。三浦野菜のグリルの瑞々しいシズル感がしっかりと捉えられています。立体感がとても感じられ、色合いと解像感もナチュラル。ミックス光という環境で撮影したのですが、ホワイトバランスも自然な感じでいい雰囲気です。」



スマホでの撮影で大事なのはやはり人物の撮影。肌の描写や髪の毛などの細かい部分の描写をチェックします。

「曇天下で寝そべったモデルを撮ったがやや残念な写りとなりました。服のシャリ感など描写は解像感があってなかなかですが、モデルの顔などが暗く沈んでしまうと同時に荒いノイズが出現してしまいます。このようなシチュエーションでは端末任せにせず、積極的に明るめに露出補正をかけて撮影する方がよさそうですね。」



ロウソクや間接照明など暗めの照明であることが多いレストランの店内。そんな暗い場所での描写は、センサーが小さいスマホカメラは苦手とするところです。

「暗所も残念な結果となってしまいました。色合いはいいものの、ISO3200まであがった感度によって、精細感に欠けザラザラとしたノイズが浮いてしまっています。もう少し明るい場所を選んで撮影するか、暗所に強いという Xperia XZ2 Premium を使った方がよいのかも?。」



Xperia XZ2の機能としては、「先読み撮影」と「スーパースロー」をピックアップしました。


「この端末のウリは「先読み撮影」。被写体の動きを検出すると自動的にシャッターを切った前後のカット最大4枚をセレクトして表示してくれるもの。動きの量によって枚数が変わることもありますが、子どもやペットなどを撮るには有効かもしれないです。
また秒30コマの映像に約6秒間のスローモーション映像(1秒最大960コマ)を組み合わせることが可能な「スーパースロー」も動きモノには面白い機能です。」

(更新 2018/8/7:初出時に掲載していたグラフは、説明不足な部分や評価軸として不適切な部分があったと判断し、削除しました。)

<まとめ>

「日中など明るい場所での撮影は平均的なものでしたが、暗所の描写は残念なものになってしまいました。素晴らしい写りのXperiaが気になるのなら、Xperia XZ2 Premium を待った方がよさそうです。」

意外にも厳しめの判定となってしまったXperia XZ2ですが、昼間など明るい場所での撮影や、スマホライトを使用して撮影するなど、一般的な撮影では平均的な性能(結果)が得られたと思います。さらに先読み撮影やスーパースローなど、撮影をサポートしたり楽しむ撮影ができる機能が盛り込まれているなど、身近なシーンで撮影を楽しむ、という用途には必要十分な機能かもしれません。しかし、カメラ機能を売りにするスマートフォンがクリアしてくる性能は年々上がってきていますので、次の機種変までしっかり使える基本機能の充実は期待したいところです。

Zenfone5Galaxy S9+と続いて第4弾はXperia XZ2でした。次回はどのメーカーの、どの機種になるでしょうか?果たしてその評価は?次回もお楽しみに!

その他三井さんによるXperia XZ2での作例は以下のギャラリーからご覧ください。

Gallery: Xperia XZ2 | 8 Photos

8


撮影 :三井公一
モデル:来栖梨紗

85シェア
9
30
0
46

Sponsored Contents