Sponsored Contents

smartphonesの最新記事

Image credit:
Save

HTC U12+ 発売延期レビュー iPhone 8と比較してみた(追記)

個性派へオススメ。早く出て!

金子 麟太郎
2018年7月20日, 午前10:00 in smartphones
149シェア
6
89
0
54

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

2018年7月20日、HTCの新型スマートフォン「HTC U12+」がついに発売......しているハズだったのですが、28日に延期されてしまいましたね。発売に向けフレームレッドのモデルをメーカーにお借りしていましたので、あと1週間ほどですが、待ちきれない方のために細部をチェックしてまいりたく思います。

【7/21 1:00 追記】HTC社より7月20日に発売したと連絡ありました。編集部でも受付開始時に予約しましたが、量販店から以下ようなメールが届いています(ちなみにカラーはトランスルーセントブルーです)。

ほかにも同様の報告を多数いただいており、詳しい状況を確認中です。

【7/23 15:00 追記】HTC社より「HTC U12+の 発売日は7月20日となり、同日に全色出荷を開始しております。お取扱い販売店での発売日については、発売日を各販売店で統一する調整が間に合わなかったため、順次販売開始となり、各発売日にばらつきが出る形となってしまいました」とご報告いただきました。



HTC U12+は、HTCが日本のSIMロックフリー市場に投入し始めてから5機種目となるAndroidスマートフォン。グローバルで発表した製品を日本向けにカスタマイズしたモデルです。Snapdragon 845に6GBメモリー、128GBの内蔵ストレージなど、なかなかのハイエンド仕様。さらに握って操作するエッジセンス2や感圧式の側面ボタン、パワーアップしたカメラ性能、おサイフケータイ(FeliCa)対応など、見どころがたくさんです。

本体デザインをチェック



フレームレッドは、一見ピンクっぽいですが、部分的にイエローゴールドが乗っかった混合色。背面から側面に掛けてカーブしている部分に、この混合色が現われているのが印象的です。タマムシ色と表現するとわかりやすいでしょうか(タマムシは緑色ですが)。

この混合色はゴールドから淡いオレンジ、ロゼワインの持つ明るいピンク色、紫がかった濃いピンクへと変化していきます。メタリック調の色合いが男性向けのような感じもしますが、女性好みなネイルカラーのようにも見えます。このキラキラをいろんな角度からずっと眺めていたい気分になります。


基本操作と便利な機能



HTC U12+では電源ボタンとボリュームボタンが触感式になっています。iPhone 7・8のホームボタンのように、実際に押し込めるボタンではないのですが、押すと短い振動により、ボタンを押した感触が得られます。ちなみに本体の電源を切った状態でも感触は返してきますが、バッテリーが完全にない場合は何も起こりません。

新たに搭載されたエッジセンス2では握る操作に加え、ダブルタップ、持つなどに対するファンクションが追加され、片手操作がより簡単に。短く握った時に動作する機能や、握り続けた際に動作する機能などを個別に設定できます。

iPhoneシリーズでも片手で操作できるよう、ホームボタンのダブルタップで画面の表示が指元へ下がる機能がありますが、エッジセンス2では使いたいアプリケーションや機能を割り当てられるので、より片手操作時の利便性が増します。

iPhone 8 Plusのカメラと比較



HTC U12+は、背面に1200万画素と1600万画素のデュアルカメラを搭載します。光学ズームは2倍、デジタルズームは10倍まで対応。背景がボケて被写体が際立つ写真が簡単に撮れる自動ボケモード、シャッター速度や明るさ、ホワイトバランスの調節まで好みに応じ変更できるプロモードも用意。シーン内の特定の音や音声を拡大できる音声ズームなど、少々変わった機能もあります。

iPhone 8 Plusは、背面に1200万画素の広角レンズと1200万画素の望遠レンズを備えた2つのカメラを搭載。背景がボケて被写体が際立つ写真がいとも簡単に撮れるポートレートモードを備えるほか、スタジオ、輪郭強調、ステージ照明、ステージ照明のモノクロといった5つのライティングにより、雰囲気のある写真が撮影できます。

背面カメラにおいては両者にそこまで大差なさそうですが、HTC U12+は正面にもデュアルカメラを採用。自撮り派には嬉しいポイントでしょう。内蔵ストレージも128GBあるので、SDカードと合わせかなりの大容量を本体に保存しておけます。

セキュリティー機能を比較



セキュリティーについてですが、HTC U12+では指紋認証機能と顔認証機能の双方を搭載しています。iPhone 8シリーズでは指紋認証、iPhone Xでは顔認証をそれぞれ備えていますが、HTC U12+ではどちらでも好きなほうで解除できます。

ちなみに、どちらの方法の認証を使った場合でもHTC U12+のほうが手早くロック解除できました。指紋センサーは軽く触れるだけでオーケー。

顔認証も、iPhone Xだと手前に傾けスリープを解除(または画面タップ)したあと本体を見つめ、さらに画面上の鍵アイコンが施錠から開錠の状態になってから画面下部から上へスワイプしてロック解除しますが、HTC U12+では電源を押して画面を点灯させ、本体を見つめるだけです。

どちらのセキュリティー能力が高いかは仕様からは判断しづらいですが、体感速度、選択肢が用意されているといった2点では、HTC U12+のほうが魅力的と言えます。

以上、短い時間でしたがHTC U12+を使ってみて、抱いた感想をまとめました。いつも手の中にあるスマホであることを意識し、使い勝手にこだわった1台だと思います。詳しくは触れられませんでしたが、カメラ機能もボケ効果や音声ズーム、エフェクト、ARステッカーなどSNS投稿したくなる仕掛け満載で使い込んでみたくなります。

個性の強い端末をメイン機にしたいという方へオススメします。あと1週間、待ち遠しいですね。

Source: HTC NIPPON
関連キーワード: android, camera, htc, htcu12+, mobile, smartphone, smartphones
149シェア
6
89
0
54

Sponsored Contents