Sponsored Contents

comicsの最新記事

Image credit:
Save

「週刊少年チャンピオン」2号分を無料ネット配信、西日本の物流寸断うけ

ぜひ『BEASTERS』読んでください

Kiyoshi Tane
2018年7月20日, 午後05:30 in Comics
62シェア
0
62
0
0

連載

注目記事


株式会社秋田書店は、週刊少年チャンピオン32号(7月5日発売)と33号(7月12日発売)を本日7月20日から、同社のWeb漫画サイト「マンガクロス」にて無料配信を開始しました。

「西日本を中心とした豪雨の影響により被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生」したのを受けて、今回お届けできなかった方々への緊急措置とのこと。

西日本豪雨を受けて大手出版社が漫画誌を無料配信するのは、「月刊コロコロコミック」(小学館)や「週刊少年ジャンプ」(集英社)、「週刊少年マガジン」(講談社)に続いて4件目のこと。被災者に向けた支援の輪が、また1つ広がったかたちです。
無料公開にさいして、週刊少年チャピンオン編集部が述べているメッセージは次の通りです。

この度、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
そして、この度の豪雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。
また、1日でも早く復旧を果たされることをお祈りすると同時に、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようにお祈り申し上げます。


『週刊少年チャンピオン』は、『週刊少年ジャンプ』や『週刊少年マガジン』とは一味違ったユニークさが愛されている、独自のポジションを持つ週刊少年マンガ誌です。

先日、1972年から46年余り続いていた水島新司さんの『ドカベン』が最終回を迎えたほか、若い女性層に絶大な支持を集めている『弱虫ペダル』も好評連載中です。

さらに超大国アメリカ大統領に個人で「有効と不可侵」を誓わせる最強の男や宮本武蔵(クローン)が活躍する「バキ」シリーズも一休止して、再開が待たれているところ。

最近の注目株は『BEASTARS(ビースターズ)』でしょう。擬人化した動物たちが暮らす全寮制の学校が主な舞台です。

肉食獣と草食獣が共存しつつ、前者が後者を食らう「食殺」がタブーとされているなか、本能に抗う主人公が苦悩しつつも成長していく......という繊細にして前人未到のストーリー。「マンガ大賞2018」の大賞や、「このマンガがすごい!2018」の第2位に選ばれるなど、その面白さは誰もが認める折り紙付き。

そんな『BEASTERS』が連載の途中であれ、2回も読めてしまう今回の配信。豪雨災害を受けた方々が励まされるとともに、この大傑作が多くの人に知られるきっかけになることを祈りたいところです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: comics, ebook, ebooks, internet
62シェア
0
62
0
0

Sponsored Contents