Sponsored Contents

cas9の最新記事

Image credit:
Save

遺伝子編集技術CRISPRは夢の治療法ではなかったのかも知れない

予想以上のDNA欠失があるかもしれません

Engadget US(翻訳 金井哲夫)
2018年7月21日, 午後09:00 in Cas9
133シェア
24
109
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

[Engadget US版より(原文へ)]

16日に発表されたNature Biotechnologyは、CRISPR(クリスパー)が、私たちが信じていたような特効的な遺伝子編集技術ではないかもしれないと警告しています。CRISPR-Cas9を使えば、研究者たちは細胞内のDNAの特定の配列を探し出し、特定の部分を切除することができます。すると、細胞は切除されたDNAを修繕します。この性質を利用してALS、ハンチントン病HIV鎌状赤血球症などを含むあらゆる病気や障害の治療が研究されてきました。周囲のDNAを傷つけずに、問題のある配列だけを取り除けるため、この手法は特効的な効果があると思われています。

しかし、今回の研究では、CRISPR-Cas9による遺伝子編集は、これまで報告されてきたよりも大きなダメージをDNAに与える恐れがあることを指摘しています。

研究者たちがマウスの幹細胞、マウスの骨髄細胞、ヒトの網膜細胞という3タイプの細胞を用い、CRISPRシステムの使用結果を観察したところ、100桁、あるときは1000桁に及ぶDNAの塩基配列が変わったり、失われる場合があることを発見しました。問題は一連の処理における修復部分にあると考えられます。「細胞は切断された場所を元のように縫い合わせようとする」と、イギリスのウェルカム・サンガー研究所の教授であり、記事の筆頭著者であるAllan BradleyはNature Newsで述べています。「しかし、細胞にはDNAのどことどこを合わせればよいかが、よくわかっていないのだ」と。

こうした欠損や再配列が、なぜ今まで注目されてこなかったのでしょうか? 使用する技術と、対象となる場所との複合的な要素が原因になっているようです。特定の手法では、これほど大きなDNAの変化に気づけないことがあり、研究はDNAのもっと狭い領域に着目してます。今回の新しい研究では、欠損の捜索に別の方法を使用し、ずっと広い領域を観察しました。「これで見つけたいものが探せる」とBradleyはNew Scientistに話しています。

こうした結果が出たからといって、CRISPR-Cas9が危険ということにはなりません。一部の分野では成果を上げています。しかし、人体の数十億もの細胞を相手にするとなると、反動も予測されます。「いつか患者に癌を発症させるリスクがある」とBradleyは言います。「ヒトの臨床試験を急ぐ前に、もっと調べておくべきことがある」のだと。

CRISPRシステムにはいくつかの種類があり、それらは異なる結果をもたらします。どれもが今回のような間違いを冒すとは限りません。さらに、CRISPR-Cas9は、異なるタイプの細胞では同じ結果を示さないこともあります。つまるところ、今回の発見は、予期しない遺伝子の変更はどこにでも起こりうることを肝に銘じておくよう私たちに警告しています。「人々がこれを使う場合、もっと徹底的な分析が必要だということだ」と、ブランダイス大学のJames Haber教授は指摘します。教授はこの研究には参加していませんが、Nature Newsに「概して言えば、人工的に施した変異が、意図したとおりになるかどうかを把握することが重要だ」と語っています。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Mallory Locklear

※2018 7/22 23:00 一部表現を訂正しました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

133シェア
24
109
0

Sponsored Contents