Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGOの新要素「キラポケモン」詳細。強くて強化半額の特別なポケモンをトレードで獲得

厳選100%を育てるか、そこそこ強いキラを促成栽培するか

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年7月24日, 午前06:10 in Niantic
167シェア
13
154
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


ポケモンGOに新たなシステム「キラポケモン」が加わります。

キラポケモンは通常のポケモンよりバトルで強い可能性が高く、かつ強化に必要なアメとほしのすなが通常より大幅に少ない、早く楽に成長するポケモン。

フレンドとトレードすることで、一定確率でキラポケモンが入手できるようになります。

「キラポケモン」を公式がさりげなくチラ見せしたのはこちらのツイートの画像。

本文は「ポケモン交換、楽しんでますか?」ハッシュタグつけてツイートしてください、といった特に新機能の告知ではない内容ですが、画像をよく見ると奇妙な点があります。

まず右側のラッキー(Chansey)の名前とHPのあいだに、小さなグリーンの文字で「LUCKY POKEMON」。ラッキーの下に「ラッキーポケモン」なので一瞬混乱しますが、英語版での名前は表示のようにChansey であってLuckyではありません。

あるいは、ピカチュウが「ねずみポケモン」のような分類がここに入るようになったのかとスルーしそうになりますが、ラッキーは「たまごポケモン」なのでそれも不正解。

さらに左のピカチュウの図鑑画面を見ると、従来の「見つけた数」「捕まえた数」のとなりに「LUCKY:2」とあり、新システムらしきことが分かります。

改めて見ると、どちらも背景がこれまで見たことがないエフェクトです。

(運が良ければ見つかる「色違いポケモン」が図鑑から分かりやすくなったのか?とも思えますが、色違いを示す用語は公式も使う「Shiny」。Luckyではありません。

また、色違いポケモンには星が流れる背景エフェクトがすでに用意されています。)



このラッキーがLucky Pokemonなる新しい属性だとして、他に怪しい点はないか見ると、CPやHPから逆算される強化のコストが低いこと、具体的には ほしのすな2500 / アメ2が必要なはずが、ちょうど半額のすな1250 / アメ1しかないことが分かります。

ツイートの本文はこうした点に全く触れていませんが、 趣旨は交換機能のアピール。そしてポケモンの原作RPGシリーズでは、交換したポケモンは成長が早い仕様がありました。

ポケモンGOでも交換時にポケモンのアメがわずかな個数だけ貰える仕組みはありますが、ポケモンシリーズの伝統的な仕様も考えると、育成コストが低い特別なポケモンを、交換が鍵になる何らかの条件で入手できる、との解釈がいかにもありそうです。



Android版の最新バージョンにはすでにこの更新が含まれており、図鑑には日本語で「捕まえたキラの数」が加わっています。

(日本語ではすでにポケモンの名前でラッキーが居てややこしいのでキラ?どちらかというと、トレーディングカードのフォイルフィニッシュ、いわゆる「キラカード」のように、色違いのほうがキラっぽい気がしますが。)

こうした点をまとめると、具体的な仕様はまだ発表されていないものの、

・ポケモンに新しく「キラポケモン」属性が加わる
・キラポケモンは強化コストが低い。公式スクショの例ではアメもすなも半額
・入手は、おそらく交換が絡んだ何らかの方法(交換時に低確率で発生?)

といった内容になりそうです。

追記: 英語版の公式サポートサイトに、Lucky Pokemonの項目が加わりました。

そちらによると、

・キラポケモンは交換時にランダムで手に入る可能性がある。
・キラポケモンはバトルで強い可能性が高い
・強化に必要なほしのすなが少ない(アメもスクショでは半分)
・図鑑やプロフィール画面で特別な背景エフェクト
・長く持っていたポケモンほど、キラになる可能性が高い



従来の仕様では、交換時にポケモンの強さは振り直しになる、つまり「ポケモンを調べてもらう」で最高評価でも交換すると弱くなる可能性がある一方で、凡庸な性能がトレード先では見違えて有能になる可能性もある仕組みでした。

(余談ながら、同じ個体なのに能力値が変わることについてナイアンティックの開発者に尋ねたところ、答えは「人間でも上司や環境が変わった途端に成果を出す人がいるのと同じようなもの」。CPについては、公式ではトレーナーの身の丈に合わない強さでは言うことを聞かない可能性があるため〜といった説明です)

しかしキラという新システムが加わったこと、特にキラは育成コストが低いだけでなく能力が高い傾向があるならば、積極的に交換したほうが明らかに良いことになります。

長く手元にいたポケモンほどキラがつきやすい点は、いつ交換すべきかのジレンマになり悩ましいところ。手に入れた日時はポケモンの個別プロフィール画面で確認できるため、人海戦術で統計的に検証の必要がありそうです。

追記その2: 公式Blogにもキラと交換の告知が来ました。内容は概ね上記のとおり。

別のアップデート点として、

・ギフトを贈るとXPが入るようになった
・ギフトからほしのすながもらえる場合がある




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
167シェア
13
154
0

Sponsored Contents