Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

おもちゃ銃「NERF」のOverwatchコラボモデル発表。8月にはスマホ連動モデルも発売

トレーサーのパルス・ピストルとかも出てきそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年7月23日, 午後03:30 in gadgetry
290シェア
51
188
0
51

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

世界中で4000万人以上がプレイしている人気ゲームOverwatchとコラボした「NERF RIVAL OVERWATCH REAPER WIGHT EDITION blaster」をNERFの発売元ハズブロ社とゲームメーカーBlizzardが発表しました。米国で2019年に発売予定です。

NERFは、主にスポンジ状の弾頭を持つダーツと呼ばれる弾を発射するおもちゃの銃。ただし、Overwatchコラボモデルはダーツではなく、ゴルフボールのような形状のスポンジボールを発射する「RIVAL」シリーズとなります(このシリーズ、日本では販売されていません)。

ゲーム内のキャラクター、リーパーが持つヘルファイア・ショットガンがモチーフ。カラーリングは白基調で先端部分がオレンジとなりますが、デザインは忠実に再現されているようです。8発の弾を保持し、最大90フィート/秒(約98.7Km/h)で発射できるとのこと。


▲Overwatchのリーパー(画像はYouTubeより)

価格は不明ですが、コスプレ用アイテムとしても人気が出そうです。

なお、NERFは7月初めにスマートフォンと連携するNERF Laser Ops Proも発表しています。こちらはダーツやボールを発射する代わりに赤外線レーザーを発射するレーザー銃。この手のレーザー銃ではプレイヤーがマーカーとして専用ベストを着るものもありますが、NERF Laser Ops Proでは不要。銃の先端にマーカーが装着されています。



Bluetoothでスマートフォンと接続し、残弾数や、キル数、自分の残りヒットポイントなどを表示できるほか、他のプレーヤーの位置情報も確認可能。どこかに隠れていても見つけることが出来ます。



また、1人プレイ用としてARモードを搭載。銃の先端にスマートフォンを取り付け、そこに表示されるドローンを攻撃します。



NERF Laser Ops Proは50ドルと30ドルの2種類。8月に米国で発売されます。

NERFはこれまで国内ではタカラトミーが販売していたのですが、3月末に取り扱いを終了しています(同時にジェンガやモノポリーなどハズブロブランド製品の取り扱いも終了)。今後はハズブロ自身が日本国内でも販売を行うようですが、これまで国内での取り扱いがなかったRIVALシリーズや、NERF Laser Ops Proの販売なども期待したいところです。


Source: BisinessWire
Coverage: 米Engadget
関連キーワード: gadgetry, gadgets, gaming, gear, hasbro, nerf, overwatch
290シェア
51
188
0
51

Sponsored Contents