Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Google、AIで文法をチェックするGrammar Suggestionsを発表

必死に英文法を覚えなくて良くなるかも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年7月25日, 午後06:50 in internet
551シェア
108
243
0
200

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

GoogleがG Suite向けの新機能として、Google Docsで文法のミスをチェック・修正できるGrammar Suggestions in Google Docsを発表しました。G Suiteのアーリーアダプタプログラムで提供開始されています。

単語の間違いを見つけるスペルチェックは一般的ですが、Grammar Suggestionsは機械学習AIを利用して文法のミスを発見し、修正案を提示します。前置詞 a と an の違いのような単純なものから、従属節の近い方を含む複雑なものまで対応可能。今後、時間の経過とともに、より精度が向上していくとのことです。

Grammarly が提供している文法チェック機能に近いですが、Google純正かつ得意の機械学習を使っているだけに、精度にも期待が持てそうです。

また、GoogleはGmail上で文章を入力すると、AIがその続きの文章を予測し入力候補を表示するSmart Comporseを5月に一般ユーザー向けに提供しました。これもG Suiteユーザー向けに間もなく提供開始するとのこと。

このほか、ハングアウトチャットでのスマートリプライ(返信候補が表示され、ワンクリックで返信できる機能)もG Suiteユーザー向けに導入されます。

いずれも英語のみでしか利用できませんが、文章を書くことをAIが肩代わりしてくれるようになれば、人は内容を考えることに集中できるようになるかもしれません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

551シェア
108
243
0
200

Sponsored Contents