Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

コンビニで買えるVAPE「myblu」レビュー。全フレーバーを試してみた:電脳オルタナティヴ

高評価だったフレーバーはどれだ!?

ナックル末吉, @nacklesueyoshi
2018年7月30日, 午後12:00 in gadgetry
55シェア
0
55
0
0

連載

注目記事



以前の記事でもお伝えした新型VAPE「myblu」が、福岡県の一部ファミリーマートと、公式オンラインショップにて販売が開始されました。mybluは加熱式タバコと違い、ニコチンなどのタバコ成分が含有されないVAPE製品ということで、カジュアルに楽しめるのが特徴となっています。そこで、今回は全部で8種類あるフレーバーを試してみたのでレビューします。なお、特に記載がない限り価格は税込です。

まずはmyblu本体をチェックします


mybluはバッテリーが内蔵された「本体」と、フレーバーの液体が入った「フレーバーポッド」で構成されています。mybluを楽しむには、最初にスターターキットを購入することになります。スターターキットには、本体、充電ケーブル、フレーバーポッド(メンソール)×1個が内包されています。通常価格は3780円ですが、初回に限り、好みのフレーバーポッド1箱(2個入り)が2780円で購入可能となっています。

▲mybluスターターキット。キャンペーン価格2700円

では、myblu本体を見ていきましょう。mybluはシンプルな楕円筒形で、手のひらサイズのコンパクト設計。インターフェースは、充電用のmicroUSBコネクタと、LEDランプ、フレーバーポッド挿し込み口とこれまたシンプルな構造。

▲myblu本体(フレーバーポッド装着済み)

▲先端には充電用のmicroUSBコネクタ

▲充電中や喫煙中はLEDランプが点灯。約20分でフル充電され、約300回の吸引が可能

▲吸い口

▲フレーバーポッドは吸い口と一体型になっており、フレーバー交換の際には吸い口も一緒に交換される仕組み

mybluには、電源ボタン等はなく、吸い口から吸い込むだけで自動的に加熱が始まり、即座にフレーバーが熱せられ蒸気が発生します。吸い終わり時も特に操作は不要。つまり、吸いたいときにサッと取り出して、一口だけ吸ってポケットにしまうという使い方も可能ということになります。この手軽さは、IQOSやgloにはない特徴と言えます。

フレーバーポッドの残量はのぞき窓から確認できるので、無くなりそうな場合は予備を持って歩くと良さそうです。

また、mybluは思いのほか爆煙でして、いくらタバコ成分が含まれず、臭いもほとんどしないとはいえ、喫煙可能な場所以外での使用は控えるのがマナー的に妥当でしょう。

mybluの爆煙(ただし蒸気にタバコ成分は含まれません)

フレーバー全8種をレビュー



mybleのフレーバーは、全部で8種類リリースされており、フルーティーなものからタバコ風味のまでバリエーションに富んでいます。

▲myble フレーバー各種(フレーバーポッド2個入り) 1080円(税込)

mybluフレーバー
  • メンソール
  • グリーンアップル
  • チェリークラッシュ
  • マンゴーアプリコット
  • アイスミント
  • タバコ味
  • タバコバニラ
  • カフェラテ

フレーバーのパッケージには、フレーバーポッドが2個入っており、価格は1080円。ポッド1つで紙巻きタバコ1.5箱分ほど吸えるとのことなので、紙巻きタバコや加熱式タバコに比べるとコスパは良好。ただ、お気に入りのフレーバーを見つけるために、1フレーバーにつき1000以上の出費は痛いところ。そこで、筆者が全フレーバーを試したのでレビューします。

メンソール



まず、スターターキットにも含まれている「メンソール」。mybluフレーバーの基本中の基本ともいえるこのフレーバーですが、文字通り雑味のないメンソールの爽快感が味わえます。ガムに例えると、クールミントよりもグリーンガムに近い味わい。スターターキットを購入して、コレが気に入ったらそのまま吸い続けるのが良さそうです。

グリーンアップル



青リンゴとのことですが、フルーティさよりも甘さの方が強い味。少々酸味を感じますが、それよりも甘さが勝っています。甘ったるいのが苦手な人には向かないかも。

チェリークラッシュ



チェリーのテイストかと思いきや、吸った感じは「ドクターペッパー」の風味。味は薄めなので、後味は残らずサッパリとした印象。甘味はほとんど感じないため、ライトに吸いたい人向け。

マンゴーアプリコット



全フレーバーの中で最もフルーティーなのがコレ。マンゴーの甘味とアプリコットの酸味がダブルで味わえる新感覚なフレーバー。香りが強い割には甘さは控えめで、少なくともグリーアップルよりは甘くありません。

アイスミント



メンソールが強めでほんのり甘みがついている。この甘みはブルーベリーとのこと。ただし、甘みは後味には残らず、メンソールの刺激が少し長めに持続する。加えて、吸い始めにクセのある香りが一瞬だけ漂うので、好みが分かれるところ。

タバコ味



この名前とはまるで別モノ。タバコの味というよりも、何かを焦がした強烈なニオイ。クセが強いので、他のフレーバーを全て試して、お気に入りが見つからない時の最終候補で。それと、紙巻きタバコや加熱式タバコの代わりに、コレを吸って禁煙しようなどとは思わない方がいいかもしれません。

タバコバニラ



バニラのような甘い香りが強め。さらに、後味にも甘さが残ります。ただし、タバコ味のようクセが強いニオイはほとんど感じないので、フルーツとは違った甘い香りが楽しめます。

カフェラテ



その名の通り、コーヒーとミルクのフレーバーが配合されているとのこと。吸った感想はタバコバニラのクセが強いバージョン。甘みが強めなので、濃い味がお好みの人向け。

筆者的ナイスなフレーバーがコレだ!


筆者的にはメンソールが良いと感じました。その理由として、雑味がないので飽きがこず、最もベーシックに吸えるフレーバーだからです。他のフレーバーは、香りや味にクセがあったり、特徴があるものばかりなので、まずはスターターキットに同梱されているメンソールを試して、それで満足できない場合は、レビューを参考にチョイスすると良いでしょう。

一つ注意して頂きたい点としては、公式オンラインショップでフレーバーを追加購入する際に、同時に3500円以上購入しないと、送料が540円かかってしまうということ。お気に入りのフレーバーが見つかった場合は、4箱まとめて購入すれば送料無料で定期購入できますが、各種フレーバーを試している段階で、1箱ずつ購入しているとコスパが悪くなることに気をつけて下さい。

mybluは全国のコンビニでの販売も視野に入れているそうで、ユーザーとしては全国展開が待ち遠しいところです。


▲一口だけでも吸えるので、カジュアルに気分転換できます




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cigarettes, gadgetry, myblu, tobacco, vape
55シェア
0
55
0
0

Sponsored Contents