Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

次期iPhoneはデュアルSIM採用?iOS 12ベータ5から有力な証拠が見つかる

日本でもデュアルSIM普及は期待したいかも

Kiyoshi Tane
2018年8月1日, 午前11:50 in Apple
124シェア
0
68
0
56

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

開発者向けに配布されているiOS 12ベータ5から、今後のiPhoneが少なくともソフトウェアレベルではデュアルSIM(SIMの同時2枚挿し)のサポートを予定している手がかりが発見されました。

iOSの診断レポートを生成するシステムコンポーネントの中に、「第2のSIMステータス」など2枚目のSIMを示唆するコード記述が見つかったとのこと。次期iPhoneではデュアルSIM対応の噂がたびたび伝えられていましたが、より信憑性が強まったようです。

アップル製品関連ニュースメディアの9to5Macは、診断レポート生成担当のシステムコンポーネント中に下記のようなコードを見出したと報告しています。それぞれ「secondSimStatus(2枚目のSIM状態)」と「secondSimTrayStatus(2番目のSIMトレー状態)」の文字列が確認できます。secondsim

さらに別のコード内では、「isDualSimDevice(デュアルSIMデバイス)」の文字が見て取れます。secondsim

次期iPhoneがデュアルSIMかつDSDS(デュアルスタンバイ)に対応する噂は、今年7月初めにも伝えられました。DSDSとは2つの通信回線で同時に待ち受けでき、「通話用SIM」と「通信用SIM」を物理的な入れ替えや手動の切替なしに使用できる機能です。

こうしたデュアルSIM仕様は、次期iPhone3タイプのうち、現行のiPhone Xよりも大型化した2つに搭載されるとの観測が報じられてきました。今年2月には米Bloombergが6.5インチ版に、アップル製品関連の予測で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏は6.1インチLCD版に採用を予測しています。

デュアルSIMの装着形態については、1つにはApple SIM(物理的な差し替えなしに、通信事業者を切り替えられるeSIM)+通常のSIMスロット。そしてApple SIMが使用できない地域では2つの物理的SIMスロットを搭載するモデルが出るとの可能性も示唆されていました。

日本やアメリカなどでは馴染みの薄いデュアルSIMですが、複数の国を日常的に行き来するヨーロッパやアジアでは「当たり前」になっている仕様です。Device Atlasによると、2017年にはナイジェリアやブラジル、エジプトなどの諸国でも普及が進んだとか。

日本でも日常的な必要は薄いにせよ「あれば便利」には違いないデュアルSIM+DSDSデバイス。次期iPhoneに本当に採用されるなら、一気に普及するのかもしれません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
Source: 9to5Mac
関連キーワード: apple, applesim, dsds, esim, ios12, iphone, sim, smartphone
124シェア
0
68
0
56

Sponsored Contents