Sponsored Contents

fintechの最新記事

Image credit:
Save

LINE Pay「マイカラー」の落とし穴、送金ゼロならいくら決済しても還元率最低

本日8月1日から

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年8月1日, 午後12:03 in Fintech
167シェア
30
71
0
66

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

LINE Payは、インセンティブプログラム「マイカラー」制度をアップグレードしました。

本日(8月1日)から1年間、LINE Payのコード支払いの利用に限り、各カラーで定められたLINEポイントの還元率に3%を上乗せして付与します。

例えばグリーンバッジを持つユーザーの場合、「コード支払い」なら、通常のポイント還元率2%に3%が上乗せされ、常に5%のLINEポイントが付与されます。通常は還元率0.5%のホワイトバッジのユーザーでも、コード決済なら常に3.5%のポイントが付与されます。

また、ポイント付与の対象となる決済額も月間10万円から100万円に引き上げられています。

自身のマイカラーは、LINE Payのメイン画面「マイカラー」内から確認可能。各カラーは前月の決済額・送金回数で決まります。各カラーの到達基準は下記の通りです。
▲QRコード決済の場合、これに3%が上乗せされてポイント還元される

なお、アップグレードされたマイカラープログラムには落とし穴もあります。いくら決済をしても送金回数がゼロだとカラーが最低の「ホワイト」に。QRコード決済ならホワイトでも3.5%の還元が見込めますが、高還元率を狙うなら、毎月欠かさずの送金が必須となります。


Source: LINE Pay
関連キーワード: fintech, line, linepay, payment, payments
167シェア
30
71
0
66

Sponsored Contents