Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

ニンテンドースイッチ、累計販売台数1967万台を達成。Nintendo Laboはシリーズ全体で139万本

「任天堂ソフトがサードパーティを圧倒」はあいかわらずです

Kiyoshi Tane
2018年8月1日, 午後09:00 in Game
114シェア
12
62
0
40

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

任天堂は2019年3月期第1四半期決算を発表しました。2018年4月から6月期の売上高は約1681億円(前年同期比9.1%増)、営業利益は約305億円で前年比の約1.8倍に拡大し、ニンテンドースイッチ用ソフトの売上好調(1796万本で前年同期比120.8%増)を反映する結果となっています。

一方、スイッチ本体の販売台数は188万台で、前年同期の197万台から少し勢いが落ちる(4.4%減)結果に。2017年3月からの累計販売台数は1967万台で、2000万台も目前となりました。

今年1月末の時点でスイッチは累計販売台数1486万台と発表され、すでに前世代機のWii U(約1356万台)を超えていました。1年目が破竹の勢いだったことと比べて相対的にハード売上は落ち着いてきたようですが、ソフト売上は加速。「すでに本体を持っている人が2本目以降のソフトを買う」サイクルが根付いてきた背景がうかがえます。

この期間に100万本以上を販売したタイトル(累計では『スーパーマリオオデッセイ』が907万本でトップ)は、5月に発売した『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が全世界で140万本、6月発売の『マリオテニス エース』も138万本と好調な滑り出し。昨年の『マリオカート8 デラックス』も113万本を売り上げており、「根強く売れ続ける任天堂タイトル」の粘りはあいかわらずのようです。

そして4月発売の『Nintendo Labo』は、シリーズ全体で139万本を販売したとのこと。スイッチとダンボール工作キットを組み合わせて遊ぶコンセプトは、過去のファミリーコンピューターロボットに近い尖ったものです。本体の売上を牽引するというよりは、従来のゲーム市場に含まれない「未知の知育マーケットを切り開く」方向性でしたが、セールス的な数字も残せたようです。
LABO
ゲーム専用機関係の数字で、目を引くのがデジタル売上高が185億円というところ。前年同期の68.0%増と高い伸びを示しており、ダウンロードソフト販売が定着しつつあるのかもしれません。さらに自社ソフト売上高比率(ゲーム専用機のソフト売上高に占める任天堂ソフト売上高の割合)が82.9%と高く、「任天堂ソフトがサードパーティ製を圧倒」の伝統は変わっていない感じです。

かたやスマートフォン向けゲームなどを含む「スマートデバイス・IP関連収入等」は約90億円(前年比で0.4%増)に留まる結果となり、「ゲーム専用ハードあればこその任天堂」を印象づけています。

最近めっきり話題にならなくなったニンテンドー3DSは、ハード累計販売台数が7289万台と圧倒的ではあるものの、しだいに販売台数を落としている様子がグラフで見て取れます。かといって無視できる数字でもないため、任天堂にとって扱いが悩ましい存在かもしれません。
3DS

今年4月、任天堂は2018年4月から2019年3月までにスイッチが2000万台売れると予測していましたが、今の趨勢では少し達成が厳しいかもしれません。とはいえ、今後は史上最大規模の参戦キャラを予告した『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』など怪物級のソフトが控えており、その爆発力を見守りたいところです。

114シェア
12
62
0
40

Sponsored Contents