Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ、「2年縛り」無料解約月を3か月間に延長 年度内に

収益への影響は「ほとんどない」

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年8月2日, 午後03:36 in mobile
259シェア
17
173
0
69

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

NTTドコモは、長期契約による割引を受けられる一方、途中解約時には解約金を課せられる、いわゆる『2年縛り』について、解約金がかからない期間を3か月に延長する方針を明かしました。適用時期は『年度内』としています。

2019年3月期 第1四半期決算説明会に登壇した、ドコモの吉澤和弘社長が明かしました。

吉澤氏によると、現状の25か月目・26か月目に加え、24か月目も解約月に設定するとのこと。

これに伴う収益への影響については「シミュレーションしているが、ほとんど影響はない」とコメント。解約金そのものが収入に及ぼす影響は軽微としています。

これに先立つ8月1日には、auも解約月を3か月間に延長すると発表していました。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: docomo, mobile
259シェア
17
173
0
69

Sponsored Contents