Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルが時価総額1兆ドル突破、クックCEOがジョブズ氏の理念を語る

最近、現実歪曲空間ないですよね

Kiyoshi Tane
2018年8月3日, 午後05:00 in Apple
257シェア
117
58
0
82

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

アップルは8月2日(米現地時間)、米株式市場で上場来高値を更新し、時価総額1兆ドルを達成しました。これは米上場企業として初のことで、アメリカではエクソンモービル、プロクター・アンド・ギャンブル、AT&T3社の合計額を上回り、日本ではトヨタ自動車の5倍弱に相当する額です。

米Reutersによれば、同社のティム・クックCEOはこの件につき、12万人以上の従業員に感謝のメモを送ったとのこと。この記録はマイルストーン(大きな節目)ではあるが成功を測る基準ではないとして、アップル創業者(正確には3人の内の1人)スティーブ・ジョブズ氏が掲げたアップルの設立理念を語っています。
このメモで、クック氏は1兆ドル達成につき「誇りに思っている」としながらも、この数字が成功の最も重要な指標ではなく、財務的な収益はアップルの革新の結果に過ぎないとして、「製品と顧客を第一に考えている」ことに自社の価値があると強調。

その上で、故スティーブ・ジョブズ氏が抱いていたアップル設立の信念、人間の創造力と世界変革への想いを次のように振り返っています。

スティーブは、人間の創造力が最大の課題でさえ解決でき、世界を変えられると狂おしいほど思う人こそが実際に世界を変えると信じて、アップルを設立しました。今日の世界では、私たちの使命はこれまで以上に重みを増しています。当社の製品は、驚きと喜びの瞬間を創出するだけでなく、全世界の人々や周囲の生活を豊かにする力を与えるのです。

いつもスティーブがそうしていたように、アップルの明るい未来と偉大な仕事に向けて、ともに頑張っていきましょう。


時価総額1兆ドル突破の原動力である主力製品のiPhoneは、ジョブズ氏がCEOだった2007年当時に初代製品がリリース。そしてジョブズが逝去したのが2011年であり、iPhoneはクックCEOのもとで成長した期間が長かったことになります。

jobs

未来の魅力的なビジョンや、「現実歪曲空間」と呼ばれるほど巧すぎるプレゼンなど、様々な面で強烈なカリスマ性を放っていたジョブズ氏。その後を継ぎ、Android陣営の熾烈な攻勢を受けながらもiPhoneなどのアップル製品を育て上げた「中興の祖」といえるクック氏が、創業者を振り返るのはかなりの感慨があります。

最近では変革よりも堅実さ。着実な進歩は見られるものの驚きが少ないといわれるアップル製品ですが、ジョブズ時代の切れ味を再び望みたいところです。
Via: 9to5Mac
Source: Reuters
関連キーワード: apple, iphone, steve jobs, tim cook
257シェア
117
58
0
82

Sponsored Contents