Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

「料金未納が発生しております」Amazonかたる架空請求、対処は

偽Amazonに注意

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年8月4日, 午前09:45 in Amazon
558シェア
232
242
0
84

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

「会員登録の未納料金が発生しております。本日中にご連絡がない場合、法的手続きに移行します。アマゾンサポートセンター」──。本日、筆者の携帯にこんなSMSが届きました。

筆者が同様のメールを受け取るのは、ヤフーをかたる架空請求に続き2回目。もちろん未納の覚えはなく、文面も手口も前回とおなじでひねりがありません。

●消費者庁が注意喚起

実はこの架空請求、消費者庁が6月29日付けで注意喚起しているもの。対処法は、記載の電話番号に「絶対に電話しない」こと。つまり無視をすることです。

消費者庁によると、アマゾンジャパンがSMSで未納料金を請求することはありません。つまりこのSMSは100%架空請求。一度電話をしてしまうと、ギフトカードを購入させ、その番号を電話で口頭で伝えるよう要求してきます。しぶとく拒むと「後で返金する」とそそのかして、しつこく金銭を求めるそうです。

消費者庁は、「未払料金を支払わなければ裁判を起こすなどと警告するSMSを送り付け、消費者からSMSに記載した電話番号に電話させたうえ、実在する有料動画 配信事業者等をかたって未払料金の名目で金銭を支払わせる、いわゆる架空請求事案は、典型的な詐欺の手口」とコメント。続けて、「事業者等の名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず、話の内容等をよく確認しましょう」呼びかけています。
関連キーワード: amazon
558シェア
232
242
0
84

Sponsored Contents