Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

アップルのお膝元にHyperloop?クパチーノ、交通渋滞解消のため建設の予備会談

アップルの従業員は1万2000人

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年8月4日, 午前08:50 in transportation
48シェア
4
44
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
カリフォルニア州クパチーノ市が、地域の渋滞解消を目的としたハイパーループ建設の予備会談を行ったことを明らかにしました。議長のBarry Chang氏は、これが実現すればいつも渋滞で数時間かかるデアンザカレッジ~サンノゼ・ダウンタウン間の移動が5分に短縮されると述べています。

計画が明らかになったのは、クパチーノ市が地域の渋滞解消のため、中規模以上の企業に従業員数に応じた課税をすることで、新規交通手段の整備を進める計画を延期する直前のことでした。

従業員の頭数に応じた課税には、当然ながら地元企業から反対の声があがっています。1万2000人の従業員を抱えるアップルもまた、地域窓口担当者Michael Foulkes氏が、税の徴収ではなく問題解決のためにテクノロジーを活用すべきと主張、議会との会合で「私たちは創造的かつ長期的に持続可能な問題の解決策を見つけます」と発言しました。

Cnetによって報じられるところでは、Chang氏とクパチーノ市長Darcy Paul氏は、Hyperloop Transportation Technologies(HTT)と会合を持ったとされます。しかし市長は「この点においてわれわれはまだ正式な手順を踏んでおらず、特定の輸送手段や調整に関して公式見解はありません」と述べ、「個人的には、できるだけ多くのオプションを検討すべく活発に活動しています」と付け加えました。

Hyperloopを実際に運用しているところはまだないため、その建設や運用にどの程度のコストがかかるのかはわかりません。またその建設には相当な(年単位の)期間がかかるはずです。Hyperloopをやると決めてしまえば、それが完成するまでの間は少なくとも、クパチーノには渋滞の大きな改善は見込めないとも言えます。

アップルのFoulkes氏は「私たちはいつでも、市とともに渋滞問題に取り組む準備ができています。それは我々全員に影響する問題でもあります」と語っています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

48シェア
4
44
0

Sponsored Contents