Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Android 9 Pieミニレビュー、新機能と今後追加される機能について

PieをSlicesする機能は未実装

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年8月7日, 午後05:27 in android
75シェア
0
75
0
0

連載

注目記事


Androidの最新版、Android 9 Pieが突然の正式リリースとなりました。8月20日に正式リリースとの噂もありましたが、めずらしくEvan Blass氏の情報が外れたようです。もっとも正式発表だとは一言も触れていませんでしたが。

現在Pixel端末向けにアップデートが配信されているほか、Essential Phone(PH-1)でもすでに利用可能です。なお、Essential PhoneをAndroid 9 Pieにアップデートするとセキュリティパッチが7月5日の表示になりますが、これはミスで実際には8月のパッチが適用済みとのことです。
早速Pixel 2 XLとEssential Phoneをアップデートしてみましたが、先月末にリリースされた最終ベータから特に変更はなさそうです。アップデートファイルもPixel 2 XLで47.4MB、Essential Phoneが78.5MBと小さいものでした。


▲左:Pixel 2 XL、右:Essential Phone


Androidは設定画面のバージョン番号を連打すると、各バージョンを象徴する画像が表示されますが、Android 9 Pieはいまのところベータ版から変わらずPのマークのままとなっています。



前バージョンではOreoの画像に変わったのはAndroid 8.1からなので、Android 9 Pieも今後のアップデートでPieの表示になるかもしれません。ただ、Android 7.0 Nougatは最後までNのマークだったので、このまま変わらない可能性もあります。

また、この画面ではAndroid 4.4 KitKatからイースターエッグが隠されており、別の画像が表示されたり、ゲームなどが行えたのですが、いまのところAndroid 9 Pieにはなさそうです。

Android 9 Pieの新機能と今後追加される機能

そのAndroid 9 Pie、GoogleはAIを使ったこれまで以上にスマートな操作性をアピールしています。

Adaptive BatteryとAdaptive Brightness
AI機能として特徴的なのが、アプリの使われ方を学習し、バッテリー効率を最適化するAdaptive Battery。そして明るさを自動調整しつつ、ユーザーによる微調整も学習し自動設定が賢くなるAdaptive Brightnessの2つです。


App Actions
コンテキストに基づいて使用するアプリを提案するApp Actions機能もあります。たとえば通勤中であれば、Googleマップやオーディオブックを提案し、金曜の夜なら友人に電話をかけるのを勧めるといった具合です。




App Actionsはアプリランチャー(アプリ一覧)の中だけでなく、テキストのスマート選択やGoogle検索アプリ、Googleアシスタントからも利用可能になるとのこと。Taylor Swiftの文字を選択するとSpotifyがレコメンドされるといった感じです。

Slices
また、このApp Actionsの機能拡張として、Slicesが今秋後半に提供予定となっています。これはApp Actionsでアプリを提案する代わりに、そのアプリの機能として関連する情報を表示するもの。たとえば、Google検索でLyft(Uberのような配車アプリ)を検索すると、Lyftアプリの画面が表示され、アプリの機能を使えるイメージです。



Digital Welbeing
AI絡みの機能としては、スマートフォンやアプリの使用時間を可視化するDigital Wellbeingも今後提供予定です。



もともと5月のGoogle I/Oで発表されていたものですが、ようやくAndroid 9 PieにアップデートしたPixelを対象にベータテストが開始されました。

ジェスチャーナビゲーション
そしてAndroid 9 Pieで見た目にもっとも大きな変更はジェスチャーナビゲーションの採用です。従来の3つのソフトウエアボタンから、ジェスチャー操作を主体としたナビゲーションに代わっています。


いまのところ従来スタイルへの変更可能ですが、将来的にはジェスチャーナビゲーションに一本化される可能性もありそうです。


結局リリースはされたものの、まだ未提供な機能もいくつかあり、とりあえずリリースを優先させた印象もあります。このためAI対応のOSとして真価を発揮するのは、今秋以降、一通りの機能が出そろってから(Android 9.1?)となるのかもしれません。

ひょっとすると、10月4日に発表が予定されているPixel 3で、すべての機能が利用可能になる可能性もありそうです。






夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

75シェア
0
75
0
0

Sponsored Contents