Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

Palmの新スマホは3.3型画面、バッテリ800mAhの小型端末

キーボード端末ではないのが残念

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年8月10日, 午後12:45 in mobile
157シェア
28
73
0
56

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
先日、FCCとWi-Fi Allianceの認証を取得したPalmブランドのスマートフォン。Wi-Fiが2.4GHz帯のみの対応だったことから、エントリーモデルになるのではと予想していましたが、どうやら3.3インチディスプレイの小型端末になるようです。


海外テックサイトのAndroid Policeによると、Palmの新スマートフォンはコードネーム「Pepito」。上記の外観とともに、3.3インチ 720pディスプレイを備え、SoCはSnapdragon 435、RAM3GB、ストレージ32GBといった仕様も伝えています。

iPhoneを縮小したかのような外観ですが、側面にボタンが1つしか見当たらないのが気になるところ。おそらく電源ボタンと考えられますが、ボリュームボタンは非搭載なのでしょうか?

もう一つ気になるのは、800mAhとされるバッテリー容量。小型とはいえ、極小4GスマートフォンのJelly Proでも950mAhだったので、それよりも少ない容量です。かなり薄い端末のようなので、バッテリースペースを確保できないのかもしれません。


このPepitoは、年内に米Verizonから発売されるとのこと。他のキャリアや地域で販売されるのかは不明です。

小型端末と言えば、年内にはJelly Proの後継となる2.45インチタフネス端末 Unihertz Atomの出荷も始まる予定です。最近では5インチ程度なら小型と言われてしまう程、スマートフォンの大型化が進んでいますが、こういった小型端末が出てくるのはその反動なのかもしれません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, mobile, palm, pepito, smartphone, smartphones
157シェア
28
73
0
56

Sponsored Contents