Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

「車でもアレクサ」普及に大きな一手、アマゾンが車載用SDKをGitHubで公開

いきなりGitHubでの公開というあたりに本気度が伺えます

Engadget US(翻訳 金井哲夫)
2018年8月10日, 午後04:30 in amazon
495シェア
312
120
0
63

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

[Engadget US版より(原文へ)]

アマゾンは、自動車のインフォテインメントシステムにアレクサを組み込むためのツールを、あらゆる自動車メーカーに提供することにしました。

同社は、Alexa Auto Software Development kit(アレクサ自動車用ソフトウエア開発キット:アレクサ・オートSDK)を、アメリカ時間の8月9日にGitHubを通して公開。すべての開発者がアクセスできる体勢を整えました。

自動車とアレクサを統合することで、ユーザーは、天気予報、通知、スマートホーム機器のコントロール、メディアのストリーミングと行った基本機能に加えて、アレクサ向けに登場している、数多くのサードパーティー製スキルが楽に使えるようになります。

またアレクサ・オートは、とくに運転に役立つ機能として、ナビゲーション、電話、ローカル検索なども提供します。

自動車用アレクサは既に、一部の車種へ搭載を始めている自動車メーカー、または搭載を検討しているメーカーが数多くある状態。具体的には、現代フォードBMWフォルクスワーゲントヨタレクサスといったメーカーが含まれます。

今回アマゾンが開発者向けキットを一般公開したことで、将来、さらに多くの車種にアレクサが組み込まれることになるでしょう。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Mallory Locklear

495シェア
312
120
0
63

Sponsored Contents