Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

インテル初の第9世代Coreプロセッサ、10月1日に発表のうわさ。デスクトップ向けメインストリームモデル

Core i9がお求めやすくなるかも

149シェア
0
101
0
48

連載

注目記事



[Engadget US版より(原文へ)]

インテルは未だに10nmプロセスでのプロセッサ製造に苦戦していますが、14nmプロセスでの隠し玉をいくつか持っているようです。WCFTechが伝えるリーク情報によれば、インテルがデスクトップ向けの第9世代Coreプロセッサを10月1日にローンチする可能性が明らかになりました。

情報によれば、最初に投入されるプロセッサには8コアパフォーマンスをより身近に体験できる、アンロックモデルが含まれます。おそらく最も注目度が高いのは「Core i9-9900K」で、これは初のメインストリームかつデスクトップ向けの「Core i9」プロセッサとなり、「Xシリーズ」や「Extreme Edition」のプロセッサのように大金を支払う必要はないはずです。同プロセッサのベースクロックは3.6GHzで、ブースト時には全8コアで4.7GHzを達成(5GHzでは1〜2コア)し、スレッド数は16となります。

一方「Core i7-9700K」は最初のメインストリーム向けの8コア・i7プロセッサとなり、ベースクロックは3.6GHzでブースト時には4.6GHz(4.9GHzでは1コア)を達成しスレッド数は8。ミッドレンジ向けの「Core i5-9600K」は6コアで6スレッド、ベースクロックは3.7GHzでブースト時は4.3GHz(4.6GHzでは1コア)に達します。

ただし、それ以外の製品についてはしばらく待つ必要がありそうです。リーク情報によれば、インテルはその他の第9世代プロセッサを2019年初旬に出荷します。これも喜ぶべきアップデートでしょう。インテルの第8世代プロセッサはパフォーマンスでは不満は聞かれないものの、AMDの「Ryzen」プロセッサは極めて強力なライバルであり、8コア製品がリーズナブルな価格で展開されています。

インテルの8コアプロセッサの価格はそのうち判明するでしょうが、コア数よりも価格設定での競争が予測されそうです。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Jon Fingas



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

149シェア
0
101
0
48

Sponsored Contents