Sponsored Contents

oppoの最新記事

Image credit:
Save

デュアルカメラにA.I.撮影モード搭載スマホ2モデルがOPPOから。「R15 Pro」はFeliCa搭載&防水対応

そろそろはすぐでした

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2018年8月14日, 午後12:00 in Oppo
91シェア
4
87,"likes":32
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


2018年8月14日、OPPOは「そろそろ第2弾、始まる。」と予告していたとおり、日本市場向けのスマートフォン第2弾となる「R15 Pro」「R15 Neo」の情報を公開しました。


いずれもカメラ機能に注力されたモデルで、両者ともに外側にデュアルカメラを搭載し、A.I.を使った撮影モードを備えているのが特徴。ノッチ採用&狭ベゼルで大きなディスプレイは今どきの端末といった印象です。"そろそろ"は思いのほかすぐでしたね。




▲R15 Pro

おサイフケータイ対応のFeliCaや、IPX7相当の防水機能を備えるなど、日本市場を強く意識して作られているのが「R15 Pro」。

アウトカメラは1600万画素と2000万画素のデュアル仕様で、イメージセンサーにはソニー製「IMX519」を採用します。「A.I.ポートレート」機能により写真の背景に自然なぼかし効果が付与できるとされるほか、A.I.によるシチュエーション認識機能や、3Dライティング機能なども備えているとのことです。

インカメラは2000万画素。「R11s」で搭載されていたA.I.ビューティー機能も強化され、顔を認識するポイントが従来より16.5%増の296点へ。顔認識の精度が高められたことで、より最適なビューティー効果が得られるとされています。また、センサーHDR技術により、逆光環境でも鮮明な撮影が行えるのだとか。

そのほか特筆すべきは、主要3キャリアで利用できるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)対応、5分間の充電で2時間の通話が可能な「VOOCフラッシュチャージ」対応といったところ。加えて、世界的に有名なカラーマスターKarim Rashid氏との共同開発による、両面ガラスボディにグラデーションカラーがあしらわれた本体デザインでしょうか。「R15 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

アウトカメラ:1600万画素+2000万画素
インカメラ:2000万画素
ディスプレイ:6.28インチ(1080×2280ドット、有機EL)
プロセッサ:Snapdragon 660
メモリ(RAM):6GB
ストレージ(ROM):128GB
外部ストレージ:microSD(256GBまで対応)
SIMスロット:デュアルnano-SIM
OS:ColorOS5.1(Android 8.1ベース)
防水機能:IPX7
対応ネットワーク:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(B1/2/4/5/6/8/19)、FDD-LTE(B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28)、TD-LTE(B38/39/40/41)
バッテリー容量:3430mAh サイズ:W75.2×H156.5×D8.0mm
重量:約180g



▲R15 Neo

一方の「R15 Neo」は、スペックをみる限り「R15 Pro」の廉価版という位置づけとなるモデル。1300万画素と200万画素のデュアルアウトカメラに800万画素のインカメラを備え、A.I.を使った撮影モードなども搭載します。画面は「R15 Pro」よりもほんの少し小さい6.2インチですがこちらはTFT液晶。筐体のデザインも異なり、FeliCaや防水機能には非対応となります。主なスペックは以下の通りです。

アウトカメラ:1300万画素+200万画素
インカメラ:800万画素
ディスプレイ:6.2インチ(720×1520ドット、TFT)
プロセッサ:Snapdragon 450
メモリ(RAM):4GB or 3GB
ストレージ(ROM):64GB
外部ストレージ:microSD(256GBまで対応)
SIMスロット:デュアルnano-SIM
OS:ColorOS5.1(Android 8.1ベース)
対応ネットワーク:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(B1/2/4/5/6/8/19)、FDD-LTE(B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28)、TD-LTE(B38/39/40/41)
バッテリー容量:4230mAh サイズ:W75.6×H156.2×D8.2mm
重量:約168g

いまのところ「R15 Pro」「R15 Neo」ともに、発売日や価格などは明かされていません。「Find X」はどうした? と、発表を心待ちにしていた方もいるかもしれませんが、ひとまずはおあずけです。
いずれにせよ続報に期待しましょう。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: oppo, R15, R15Neo, R15pro, smartphone, smartphones
91シェア
4
87,"likes":32
0

Sponsored Contents