Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

あるソニーマニアが今回、Xperia XZ2 Compactを選んだ理由

コンパクトだからこそのメリットとは

くんこく(Kunkoku)
2018年8月20日, 午後05:20 in mobile
67シェア
0
67
0
0

毎年Xperiaの最新モデルを買っている筆者ですが、今年もメインスタンダードの「Xperia XZ2」を手に入れ、そしてフラッグシップの「Xperia XZ2 Premium」もゲット。

確かに、4Kディスプレイの高精細や、デュアルカメラで今までにない撮影スタイルを楽しめているのですが、ふと冷静になると、その高性能と引き合えに巨大さと重さは必要なのかと考えてしまわなくもありません。

今回も「やっぱり小さい端末ほしいよね」などと思いを巡らしていると、そういえば「Xperia XZ2」シリーズの中でコンパクトモデルとされる「Xperia XZ2 Compact」をまだ使ってませんでした。

改めて触ってみると、今までより格段に良くなってるんじゃないのこの機種って...という事で筆者主観でのレビューをしてみました。



見た目は、XZ2シリーズ特有のズングリむっくりした背面が印象的。

そしてディスプレイも、ここ数年続いた4.6インチ(1270x720ドット)の16:9から、Xperia XZ2 Compactではついに5インチ(2160x1080ドット)の18:9に大型化。さらに、コンパクトモデルの長らくフルHD化されなかったフラストレーションがやっと解消されて、フルHD+にまで高解像度化しています。

しかも、本体サイズを一つ前のモデルのXperia XZ1 Compactと比較すると、タテ方向にこそ若干大きくなったものの、横サイズは変わらない65mmを死守。サイズを変えずに画面だけ大型化しています。

そもそも今までのXperiaのベゼルが広すぎたというのもありますが、18:9のアスペクト比のディスプレイになったことで、コンパクトモデルという制限された中で画面のサイズアップを実現。SNSのような縦スクロールするコンテンツが見やすくなったり、横持ちにしてシネスコサイズの動画コンテンツを見る場合にもより大きくみられるといったところも、このサイズだからこその良さでしょう。

ディスプレイの性能をとってみても、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応したり、高画質エンジン「X-Reality for mobile」の進化により通常映像(SDR)をHDRへアップコンバートもできるようになったりと、上位モデルと同等仕様を実現しています。

従来のXperia Compactモデルとの違いはほかにもあります。

ガラスやメタル素材を採用している上位モデルと違い、コンパクトモデルは樹脂素材を採用して全体的に安っぽさがどこかしらにありました。

Xperia XZ2 Compactは、背面こそ樹脂素材なものの、サイド面にメタルフレームを採用していることもあって、今までのようなチープさを感じることはなく、間違いなく所有欲が上がっています。

なお前モデルからの変更点もあります。サイドの指紋認証センサーは背面に移動し、ステレオミニプラグは廃止。

また、Xperia XZ2にあってXperia XZ2 Compactにないものは、ワイヤレス給電規格Qi (チー)。そして映像やゲーム、ミュージックビデオなどのコンテンツに合わせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」です。また、フルセグは搭載せずワンセグのみ、さらにモバイルネットワークの受信時最大速度が988Mbpsではなく644Mbpsに留まります。

ワイヤレス給電規格Qi (チー)は使ってみるとかなり便利なのでぜひ載せてほしかったところですが、それ以外はまぁ許せる範囲です。

スペックをみると、プロセッサーは「Snapdragon 845」となり、メモリー(RAM)は4GBを搭載。ストレージ(ROM)は64GB、外部ストレージは最大400GBのmicroSDXCに対応します。

今まではメモリーやストレージが少なかったりと、Compactモデル=下位モデル的な傾向がありましたが、Xperia XZ2 Compactでは上位モデルと同等性能を実現しています。

極端な話、巨大でヘビー級なXperia XZ2 Premiumとの違いはメモリーが6GBか4GBかの違いしかありません。

小さくてもハイスペックをやっと体現したモデルとも言えます。

また、Bluetooth コーデックはLDACとaptX HDに対応して、ワイヤレスヘッドセットとの組み合わせると、本体はポケットに入れたままで、高音質な音をワイヤレスフリーでも楽しめるので、小さなオーディオプレーヤー的役割も果たせます。

カメラはシングルレンズで、約1920万画素1/2.3型のメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobileとなる「Motion Eyeカメラシステム」を備えています。

静止画撮影では、被写体の動きを予測して写体を捉えてブレのない撮影が可能な「先読みオートフォーカス機能」や、AF/AEを追従しながら秒間10コマ最大10秒で100枚連写できる「オートフォーカス連写」に対応。

動画撮影ではフルHD画質にも対応した最大960fpsのスーパースローモーション撮影や、HLG(Hybrid Long Gamma)フォーマットの4K HDR撮影までこなします。

Xperia XZ2 Premiumのデュアルカメラによる、超暗所撮影やボケ、モノクロ撮影はできないものの、Xperia XZ2と同程度の必要最低限の機能は備えています。


今回の買いは「Xperia XZ2 Compact」だったんじゃないか

さてここで筆者独自の使い方から考察になります。

最近のスマートフォンのカメラ機能は確かに格段に良くなっていると思います。

特に、限られたサイズの中で、カメラを複眼化にすることやソフトウェアの組み合わせで、写真を演出することがうまいメーカーが強いという印象があります。

その点に関しては現時点ではXperiaは一歩出遅れている感は否めません。

デュアルカメラをやっと搭載したXperia XZ2 Premiumですら、他社と比較すると先進的なアドバンテージがあるかというと疑問が残ります。

そうすると、カメラ性能に振ってまでもXperia XZ2 Premiumの大きさと重さが必要なのか?と思わなくもありません。

"写真を撮る"という行為が、今ではすっかり"スマホで撮る"ことと同義に近いところまできているご時世にあっても、筆者は別途カメラを持って行きたくなる派の一人です。

カメラの場合、すでに手に持って電源が入った状態なら、納得の作品としての写真が撮れます。これがわざわざカメラを持っていきたくなる衝動のひとつです。

しかし一方で、カメラを持っていくには荷物になるのも事実で、目の前のシーンをすぐに撮りたい!と思ったときにに肝心のカメラがリュックやカバンに入っていたりして、撮るまでに手間取ることもしばしば。そんなとき、ポケットから取り出して秒で起動してとれるスマートフォンの素早さには絶対にかないません。

ほかにも、脳内で撮りたいとおもったら気軽に撮れる導線の短さ、周りに気を使うこともなく撮れる、レスポンスと気軽さが圧倒的に強いのがスマートフォンです。

そんなことを考えていると、一番コンパクトで身に着けやすいXperia XZ2 Compactが最良なんじゃないかと思うわけです。

そして、少しの時間や手間をかけても撮りたい写真があれば、その時にはカメラに任せてしまえば良いと。

幸いなことに、カメラで撮影した写真は、ワイヤレスでXperiaに簡単に転送できます。

Xperia XZ2 Compactには、画質をsRGBの色域を利用する「プロフェッショナルモード」にしておくことで、オリジナルの色彩で表示されているので、InstagramなどSNSで画像アップロードする段階で、自分の好みの色調に思ったとおりの加工ができるこの流れもとても気に入っています。

ポケットに入れても邪魔にならないサイズ感のままで、高解像度かしたディスプレイとハイスペック。

そして、撮りたいと思った瞬間に取り出してすぐにシャッターを切れるカメラや、いつも身につけて、ワイヤレスでも良い音で聴ける「音楽プレーヤー的用途」などにも、コンパクトだからこそのメリットが詰まっているように思えます。

今思えば、今回の買いは「Xperia XZ2 Compact」だったんじゃないかと惑わされるほどに魅力的なモデルです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

67シェア
0
67
0
0

Sponsored Contents