Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

17.5インチのドデカタブレット端末をサムスンが開発中?

持ち運べるかな?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年8月23日, 午前09:00 in mobile
48シェア
5
43
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


韓国サムスンが17.5インチの巨大タブレット端末を開発しているとの情報が、海外にて報じられています。この端末は、サムスンが2015年に発表した18.4インチのタブレット端末「Galaxy View」の後継機種である可能性が高そうです。

海外テックサイトのAndroid Policeによれば、Galaxy View 2には「ブックスタイル」のヒンジが採用され、閉じた状態では30度ほど傾き製図用のデスクのように、そして開いた状態では動画鑑賞に適したラップトップのようにと、2つのスタイルで利用できるとしています。また充電にはUSB Type-Cポートを利用し、前モデルのようにACアダプタを使用する必要はありません。

スペックに関しては確証はないものの、1080p解像度ディスプレイを搭載し、プロセッサは自社製のExynosシリーズでRAMは3GBになるとのこと。一方でスタイラスは付属せず、またPC風操作を実現する「DeX」にも対応しません。このことから、Galaxy View 2は全部入りのハイエンド端末というよりも、閲覧用途がメインのミッドレンジ向け製品となるようです。

また、Galaxy View 2は米キャリアのAT&Tから販売されるようです。現時点では発売時期や価格などの情報は伝わっていませんが、もしかすると前モデルと同じく日本投入もありうるかもしれません。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy, mobile, Samsung, tablet
48シェア
5
43
0

Sponsored Contents