Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

冷えるゲーミングヘッドセット「HP Omen Mindframe」にノイズキャンセリング機能が追加。9月下旬発売予定

オーバーヘッド型でも汗だっくだくにならない

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年8月22日, 午後04:50 in AV
50シェア
0
50
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

米HPが、イヤーカップにペルチエ素子を、イヤークッションに冷却ジェルを内蔵したゲーミングヘッドセット「OMEN Mindframe」を10月に発売すると発表しました。価格は199.99ドル。

もともとは5月30日に発表されたものの、発売時期は2018年後半とだけアナウンスされていたモデル。今回は新たな発売日と価格が明らかになると共に、ノイズキャンセルなどの追加機能も発表されています。

リリースによると、追加機能はまずノイズキャンセル機能が搭載されたことがひとつ。このノイズキャンセル機能は、側音をリアルタイム制御することでより聞き取りやすさを高めています。もうひとつは、イヤークッションの布地の通気性を高めた新しいファブリックを使用しました。

これらと、本来の目玉機能である冷却機構を併用することで、暑い季節でも汗によるベタつきなどを気にすることなく、さらにゲームに集中できるようになるはずです。その他の特徴はDTS Headphone:Xと7.1chバーチャルサラウンドに対応、LED発光パターンのカスタマイズなど。

ちなみに、日本では「OMEN by HP Mindframe ヘッドセット」との名称で7月に発表され、9月下旬発売予定と予告されています。直販での価格は税抜き1万3000円となっており、もし変更なく発売されれば、米国価格(199.99ドル、約2万2000円)にくらべてかなり安価に購入できることになります。

ちなみに、Mindframeは夏でも涼しくゲームを聞いたり音楽を聴けるヘッドホンですが、2016年にはUrbanearsがセレブの汗が染み込んだ「汗だくヘッドホン」を発売したことがありました。こちらは、イヤーパッド、や頭部のクッションを交換できるのが売りでした。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

50シェア
0
50
0
0

Sponsored Contents