Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルのクックCEO、ジョブズ氏との仕事を振り返る。そして後継者候補は?

やはり人材の層が分厚いですね

Kiyoshi Tane
2018年8月24日, 午後03:00 in Apple
95シェア
19
76
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 12 時間前
View

ティム・クック氏がアップルCEO(最高経営責任者)に就任してから、今年8月24日で7年目。この節目にあたって、クック氏が創業者スティーブ・ジョブズ氏との仕事を振り返った談話が伝えられています。

そんなクック氏もすでに57歳で、そろそろ「次のアップルのリーダー」が気になる時期です。米Bloombergは当面の後継者候補や、将来のアップルを率いる重要な人材を紹介しています。
クックCEOはBloombergのインタビューで、ジョブズ氏との仕事を次のように語っています。

彼との仕事は、まるで心が解放されたようでした。大きな事業の話をしたとき、スティーブが共感していれば、彼はただ一言「OK」と言うだけです。すると、本当に実現できるんです!私は何重もの手続きやお役所仕事に慣れきっていたので、企業がこんな風に動くことができたのは、大きな啓示のようなものでした。アップルは何もかも違っていたんです。


ジョブズ氏からリーダーの座を受け継いだクック氏にも、いつかは「その日」がやってきます。アップルは後継者に関してほとんど言及していませんが、最近の株主総会でクック氏は「バトンを渡す」ことが自分の最重要な責任の1つと発言したとか。

さらに、近年アップルのあらゆる取締役会で執行役員の引き継ぎが議題になっていると述べているものの、具体的な候補者は特定していません。

Bloombergはクック氏の後継者として、COO(最高執行責任者)のジェフ・ウィリアムズ氏とワールドワイドマーケティング担当上級副社長フィリップ・シラー氏の名前を挙げています。

その他の「熟練した指導者」としては、インターネット関連ソフトウェア・サービス担当上級副社長のエディー・キュー氏(iCloudやApple Payなどを手がけた)、ソフトウェアリーダーのクレイグ・フェデリギ氏、ハードウェアリーダーのダン・リッキオ氏、自動運転開発プロジェクトを率いるとされるボブ・マンスフィールド氏、さらにデザイン最高責任者ジョナサン・アイブ氏らを列挙しています。

くわえてBloombergは将来のアップルにとって重要な15人のプロフィールを紹介していますが、アップルはこれら後継者候補に関してのコメントを拒否したとのこと。

近い内の後継者と目される人物だけで2人、次点として挙げられる人々の名前も確かな実績に裏付けられ、いずれも納得できる顔ぶればかりの人材の分厚さです。アップル社内の権力争いさえなければ、誰がリーダーになっても将来は安泰かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, AppleRumor, steve jobs, tim cook
95シェア
19
76
0

Sponsored Contents