Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

電子タバコ(加熱式・VAPE)最新事情まとめ~2018年夏~

紙巻きユーザーも今後は注目ですよ

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2018年8月25日, 午後04:00 in tabaco
39シェア
0
39
0
0

連載

注目記事

最近ではユーザーも増えつつあり、世間での認知度も高まってきている電子タバコ。煙草と言えば、ひと昔前は紙巻き一択だったのが、今では加熱式やVAPEといった選択肢が登場してきています。

Engadget日本版では、IQOS(アイコス)やglo(グロー)、プルーム・テックなど、メジャーな製品のみならず、海外発のマニアックな製品なども取り上げてきました。本稿では製品だけでなく、電子タバコの最新事情も振り返りつつ、まとめてお届けします。

IQOS互換機に「次世代ヴェポライザーの波」到来?加熱式タバコ「NOS」が凄い!(世永玲生)



この「NOS heat not burn device」は、2014年創業のまだ若いメーカーの製品なんですが、かなりイケてます。海外ECだと85ドル前後で、アリババの卸価格ですと45ドルですので、日本での販売開始時は8980?9800円あたりだろうと想像すると、互換機の世界では中級機?高級機の価格帯。なので、そりゃそうだろって感じではあるのですが久しぶりに「おおっ」って思っちゃいました。(つづき)

年内発売?連続吸い可能? 新型iQOSはこうなる!? 加熱式タバコの王者維持なるか(世永玲生)



日本だと圧倒的なシェアを獲得している加熱式タバコ、IQOS(アイコス)。
都内ですとIQOSのみ吸入可能な飲食店も広がるなど、僕の行動範囲でいうと、喫煙所にいる喫煙者の8割はIQOSを吸っている気がします。

さて、IQOS愛用中の皆さんが持っている不満といえば、「連続で吸えない」こと。必ずと言っていいほどこの不満を聞くのですが、これらが解決した新型IQOSが出るかも知れないというニュースです。(つづき)

サマソニ2018にIQOS専用スポットが出現。今後は夏フェスで紙巻きタバコが吸えなくなる?



今年も日本各地で夏フェスが盛り上がるなか、「SUMMER SONIC 2018」が本日8月18(土)から明日8月19日(日)まで、千葉と大阪で開催されています。今回のサマソニでは、IQOSとコラボし専用の喫煙スペースやIQOSキットのレンタルが可能なスポットが設置されていると聞いて、さっそく現地に行ってきました。(つづき)

IQOS互換の加熱式たばこ「jouz」が日本上陸、Ankerが技術支援:電脳オルタナティブ



ジョウズ・ジャパンは、IQOSのヒートスティックが使用できる互換デバイス「jouz」を全世界に先駆けて、日本で発売することを発表しました。

日本向け製品の第一弾として「jouz 20」と「jouz 12」の2製品がラインナップ。両製品は、IQOSのヒートスティックがそのまま使用できる互換機で、IQOSのようにポケットチャージャーを必要とせず、スティックタイプのデバイス単体で喫煙が可能です。(つづき)

「コンビニで買えるVAPE」myblu発表。IQOS並に日本でもメジャーとなるか



「ウエスト」や「ゴロワーズ」といったタバコブランドを販売する「インペリアル・タバコ・ジャパン」は、新型VAPE「myblu(マイブルー)」を日本で発売すると発表しました。(つづき)

コンビニで買えるVAPE「myblu」レビュー。全フレーバーを試してみた:電脳オルタナティヴ



新型VAPE「myblu」が、福岡県の一部ファミリーマートと、公式オンラインショップにて販売が開始されました。mybluは加熱式タバコと違い、ニコチンなどのタバコ成分が含有されないVAPE製品ということで、カジュアルに楽しめるのが特徴となっています。そこで、今回は全部で8種類あるフレーバーを試してみたのでレビューします。(つづき)




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cigarettes, Gadgets, iQOS, myblu, tobacco, VAPE
39シェア
0
39
0
0

Sponsored Contents