Sponsored Contents

3dTouchの最新記事

Image credit:
Save

2019年のOLED版iPhoneから3D Touchが削除?「広く理解されている」とのアナリスト分析

便利なのにリストラ?

Kiyoshi Tane
2018年8月29日, 午前07:30 in 3Dtouch
107シェア
0
107
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

2015年のiPhone 6s/6s Plusで採用されて以来、iPhoneシリーズに搭載され続けている3D Touch。Apple WatchやMacBookでもおなじみの「画面を押し込む」感圧タッチが、2019年iPhoneのOLEDモデルから削除されるとの予測が伝えられています。

「画面を軽く押し込む」「強く押し込む」といったアクションにより、アプリ起動前にメニューを選んだり、押し込んでる間だけリンク先を開ける(離すと閉じる)などの便利さが愛されている3D Touchが、わずか数年で別れを告げるかもしれません。

国際金融グループBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏は、アジアのサプライチェーン関係者から得た情報に基づき、アップル製品の新たなレポートを発表しました。

このレポートでは、3D Touchが2019年のOLED版iPhoneから削除されることは「広く理解されている」と述べられています。

ここでいうOLED版iPhoneとは、iPhone Xの第3世代(2018年の5.8インチOLEDモデルの後継機)と6.5インチOLEDモデルの第2世代を指しています。もっとも、計画はまだ最終決定ではなく、変更の可能性があると但し書きつきです。

アップル未発表製品の予測で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏は、2018年の6.1インチLCDモデルから3D Touchが削除されるとのメモを発表していました。こちらはコスト削減のためとされ、普及価格が重視される6.1インチLCDモデルとしては頷けます。

しかし、今回のBarclaysレポートでは、3D Touchが削除される理由の説明はありません。プレミアムな位置づけのOLED版ではコスト削減の必要が薄いはずで、謎は深まるばかりです。米MacRumorsは、アップルがやや分りにくい機能である3D Touchを、すでにiPhoneに不可欠と見なしていないのではないかと分析しています。

Barclaysレポートは、AirPods関連の新製品2つも予測しています。まず、今年9月に初代AirPods用のワイヤレス充電ケースと、ワイヤレス充電マットのAirPowerが発売。そして「AirPods2」が2019年の第4四半期にリリースされる予定とのこと。

さらに2019年には安価なHomePodが発売されるとの予想も述べられています。目新しい情報はこれと「AirPods2」の2つですが、それ以上の詳細は語られていません。

たしかにガジェット好きでスマホに習熟したユーザーが便利さの恩恵を受けられるものの、大多数の人には「分りにくい機能」でしかなさそうな3D Touch。製造コストや筐体内のスペース削減の圧力がきびしい中では、真っ先にリストラ対象にされるのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
関連キーワード: 3dTouch, apple, AppleRumor, iphone, iphoneX
107シェア
0
107
0
0

Sponsored Contents