Sponsored Contents

ifa2018の最新記事

Image credit:
Save

レノボの変態2in1「YOGA BOOK」に新モデル、キートップがE-Inkに

キー配列の切り替えも自在

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年8月31日, 午前07:45 in Ifa2018
1877シェア
74
1803
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ドイツ・ベルリンのIFA 2018会場より。レノボは、新型のWindows 10 2in1 PC「YOGA BOOK C930」を発表しました。

YOGA BOOKといえば、2016年にレノボが発売した超薄型の2 in 1ノートPCです。キーボードがタッチセンサーとなっており、専用のペンを用いることでデジタイザーとしても利用可能。また、OSにWindows 10(またはAndroid)を搭載しながら、薄型で軽量な筐体も話題となりました。

その後継モデルとなる「YOGA BOOK C930」では、キートップにE-Ink(電子ペーパー)を採用。これによってキーボードの配列をソフトウェアで自在に書き換えることができ、例えばJIS - US配列の切り替えも自在に行えます。また、キーに指が触れた際に、キーが沈み込むアニメーションも表示するなど、従来モデルにはなかった演出を実現しています。



ミスタイプを減らす機能も強化。初代と同様、ユーザのタイピングの癖に従って各キーの位置を替えていくアルゴリズムに加え、新ユーザーのタイピングスタイルを予測・検出して、キー全体を高速に切り替える仕組みを導入。これにより、初代の倍以上、タイピングエラーの低減や、タイピング生産性の向上を実現できるといいます。





E-Inkディスプレイは当然ながらお絵かきにも利用可能。専用のペンでするすると線を引いたり、図形や文章を手書きも可能です。また、E-InkディスプレイはYOGA BOOK本体とは全く別のリソースで駆動しており、本体のパフォーマンスに影響を与えることはないといいます。

​​​​​​​



液晶ディスプレイは10.8インチで、解像度はQHD(2560 x 1600)。CPUはIntel Core i5-7Y54またはIntel Core m3-7Y30から選択できます。RAMは4GB、ストレージは256GBまで対応。また最大512GBまでのmicroSDスロットにも対応します。

モバイルネットワーク対応モデルも用意し、その場合はnanoSIMスロットを搭載します。

本体サイズは260.4 x 179.4 x 9.9mm。重さはWi-Fiモデルが775g、LTEモデルが799gです。 バッテリー容量は4650mAh、連続駆動時間は最大で8.6時間となります。

グローバルでは9月より発売予定、価格は999ドルとなっています。日本での発売は現時点では未定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ifa2018, laptop, lenovo, yogabook, yogabook2
1877シェア
74
1803
0

Sponsored Contents