Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

ゼンハイザー初の完全無線イヤホン MOMENTUM True Wireless 発表。aptX LL対応、11月発売

もちろんAACにも対応しています

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年8月31日, 午前11:30 in AV
88シェア
6
82
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
独ベルリンで開催のIFA 2018より。オーディオ機器メーカーのゼンハイザーが、高音質ヘッドホンのMOMENTUMシリーズに完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」を追加しました。

4時間のバッテリー駆動時間を備え、充電ケース使用でさらに8時間の再生が可能になります。欧州での価格は299ユーロ(約3万9000円)で、11月中旬に発売の予定。なお、米国のゼンハイザーのサイトでは299.95ドル(約3万3300円)の価格が示されています

Momentum True WirelessはSiriやGoogle Assistantに対応しており、周囲の騒音が大きい場所でも2つのマイクを使ったビームフォーミング技術に寄ってクリアに音声を拾うことができます。もちろんAI音声アシスタントの利用時だけでなく、音声通話時にも役立つはずです。


イヤホンをしたままでも周囲の音を聞き取ったり、会話を可能にしたりする透過ヒアリング機能も搭載。この機能によって音楽再生中でもイヤホンを外さずに自動車などの接近を感知し、人と会話ができます。

イヤホンの操作はゼンハイザーのロゴマーク面にタッチインターフェイスを備えているほか「Sennheiser Smart Control」アプリを使えば、イコライザーで好みの音質に設定したりといったことも可能です。

内蔵ドライバーは7mm径のダイナミック型で、Bluetooth 5.0に対応し、コーデックにはSBC、AACおよびaptX/aptX LLをサポート。3サイズのイヤーチップが付属します。充電機能付きケースは表面をファブリック地で包み、マグネットによって開けたときにイヤホンがこぼれ落ちるのを防止します。

金属仕上げのハウジングは飛沫や汗に強い防滴性能(IPX4相当)を備えており、スポーツイヤホン的な使い方にも対応します。リリース文によれば「時代を超越した優雅さと耐久性を提供するため細心の注意を払って生産されています」とのこと。

ゼンハイザーのプロダクトマネージャーFrank Foppe氏は、Momentum True Wirelessの発表にあたり「MOMENTUMシリーズは優れたサウンド、先進的技術、そしてクラフトマンシップの融合を常に掲げてきました。 そしてそのエッセンスを完全ワイヤレス方式に仕上げた初の製品を紹介することを嬉しく思います」とコメントしています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

88シェア
6
82
0

Sponsored Contents