Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

液晶を捨てて大正解 ソニー新フラグシップ Xperia XZ3の実機に触れる

XZ2から何が変わった?

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年8月31日, 午前12:25 in Mobile
779シェア
268
369
0
142

連載

注目記事

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View


ドイツ・ベルリンのIFA 2018会場より。ソニーモバイルが新型スマートフォン「Xperia XZ3」を発表しました。先代の「Xperia XZ2」に比べてどこが変わったのでしょうか。

大きな変更点はディスプレイです。Xperiaシリーズ初となる有機EL(OLED)を採用し、画面サイズは5.7インチから6.0インチへ、約0.3インチ大型化。画面解像度も2160 x 1080から2880 x 1440へと高精細化を果たしています。



いざ実機を前にすると、有機ELの美しさに圧倒されます。黒表示でも下からバックライトを照りつける液晶とは異なり、画素が自ら発光する有機ELは、漆黒を表現することが可能。Xperiaの従来モデルは暗い環境で黒がグレーに見える「黒浮き」が気になりましたが、「Xperia XZ3」は黒がしっかりと黒く、引き締まった画質に感じます。


​​​​​​
また、先代のXperia XZ2で不評だった「厚み」も大きく改善しました。最厚部は「Xperia XZ2」の11.1mmに比べて「Xperia XZ3」では9.9mmに約1.2mm薄型化しています。

ただ実機に触れると、それ以上に薄く感じます。これはディスプレイの両サイドが湾曲した曲面ディスプレイとなっているため。エッジ部分の最薄部は3mmまで絞っており、手に持った感覚はこれまでのどのXperiaよりも薄いです。

また担当者によると、薄型化にはバックライトが不要で薄型化が可能な有機ELディスプレイの搭載も寄与しているといいます。





ソフトウェアも大きく変わりました。その代表格が「サイドセンス」機能です。これは、本体の側面をダブルタップすることで、「ユーザーが次に使いたいアプリ」を予測して表示する機能です。

アプリの予測にはAIを活用しており、ユーザーの使用履歴や位置情報、「Facebookを開いたら、次はInstagramをよく開くよね」といったアプリ同士の関係性などを考慮しています。



カメラはハードウェア的には「Xperia XZ2」と同等仕様。1920万画素のイメージセンサーやレンズも同じです。一方でソフトウェアが進化しました。ポケットからカメラを取り出して横向きに構えると、自動的にカメラが起動。また、インカメラは輪郭・肌の色などを補正するビューティー補正にも対応します。



スピーカー音量はXperia XZ2比で約20%アップ。映像やゲームのサウンドにあわせて本体がズンズンと振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」にも引き続き対応します。



なお内部仕様はSnapdragon 845、4GB RAMとXperia XZ2と共通。OSにはAndroid 9 Pieを採用。

本体サイズは158mm x 73mm x 9.9mmで重量は193g。カラーバリエーションはBlack・White Silver・Forest Green・Bordeaux Redの4色展開です。



実機に触れた率直な感想として、Xperia XZ2で足りないと感じたさまざまな部分が補われています。ここでデュアルカメラを搭載していれば完璧だったのですが、残念ながらシングルカメラ。とはいえ、次モデルで解消してくるであろう弱点をあえて残してくるのがXperiaらしさとも言えそうです。

関連キーワード: mobile, smartphone, sony, sonymobile, xperia, xperiaxz3
779シェア
268
369
0
142

Sponsored Contents