Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

夏の怪談!? iOS 12ベータで「存在しない最新版への更新」が通知されるバグが発生(追記あり)

アップデートしようがないんですが

Kiyoshi Tane
2018年9月1日, 午前07:00 in AppleRumor
77シェア
0
77
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

made by Star Wars Crawl Creator

開発者向けに配布されているiOS 12ベータの最新版で、端末のロックを解除するたびにアップデートを促すポップアップが発生するというバグが、様々なユーザーから報告されています。

これだけでは正常にも思えますが、どこがバグなのか、というと、使用中のバージョンが最新版なのに告知が表示されるため。

具体的には「新しいiOSアップデートが利用できます。iOS 12ベータからアップデートしてください」とロック解除のたびに表示されるものの、現在のバージョンが最新版のため、アップデートは不可能。
つまり「存在しない最新版に更新を催促される」という、困った症状になっているわけです。


どの報告にも共通しているのが「A new iOS update is now available.Please update from the iOS 12 beta」というポップアップです。通知はウィンドウを閉じることでクリアできますが、そもそも「利用可能な更新」がないため、何度でも繰り返されることになってしまいます。

AppleInsiderによれば、一度ポップアップを閉じれば、次にスリープになりロック解除されるまでは、再び現れないことが検証できたとのこと。一部ユーザーからはコントロールセンターを呼び出したとき、あるいはランダムな間隔で現れるといった報告がありますが、そういった挙動は確認されていないと述べています。

ではこの不思議な症例の要因は何なのか、ということになりますが、iOS開発者のGuilherme Rambo氏は、この延々と繰り返されるポップアップの原因はSpringboard(ホーム画面やコントロールセンターなどを管理するソフト)の日付計算のバグにあると分析しています。
おそらく新iPhoneが発表されるだろう9月12日のイベントがあることから、間もなく公式リリースになることが予測されるiOS 12。12日まではすでに2週間を切っていますが、それまでに動作の安定を祈りたいところです。

追記:

その後まもなくiOS 12ベータ12がリリースされ、上記の不具合が修正されたことが伝えられています。苦情が広範囲から寄せられていただけに、アップルも早急に対応したと思われます。

今回のポップアップ騒動の副産物は、アップルファンのミュージシャンとして知られるJohnasan Mann氏が「A new iOS update is now available.Please update from the iOS 12 beta」に捧げる歌を作ったこと。ネット各所でツイートされた不満の声が歌詞に織り込まれ、切々と歌い上げられています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: AppleInsider
関連キーワード: apple, AppleRumor, bug, ios, ios12, ipad, iphone, software
77シェア
0
77
0
0

Sponsored Contents