Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

スマホ液晶に近づく「死」 Xperiaまで有機ELへシフト

液晶の利点は「明るさ」だけか

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年9月1日, 午後05:15 in mobile
216シェア
0
216
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


スマホ向け液晶は、明白に「死」へと向かっています。

サムスンを筆頭にアップル・ファーウェイなどの各社が有機ELシフトを進めるなか、ソニーモバイルも最新スマホ「Xperia XZ3」でついに有機ELを採用。また、IGZO液晶をあれだけ推していたシャープですら、ドイツ・ベルリンのIFA 2018で有機ELスマホをお披露目しています。

各社「液晶は死んでいない」と語るが......

なおシャープ・ソニーモバイルの担当者は口を揃えて『液晶は死んでいない』と主張します。彼らによると、液晶は主に「明るさ」の面で有機ELに対するアドバンテージを保っているといいます。

ではなぜ有機ELへのシフトを進めるのでしょうか。

シャープの担当者は『有機ELの強みはデザイン性にある』と語ります。同社の有機ELスマホ試作機(といっても背面にはFeliCaマークがあり、商用版に近いモデルと思われる)は、ディスプレイの左右をカーブさせた3D形状を採用。こうしたデザインは有機ELでないと実現できないと語ります。

▲シャープの有機EL搭載スマホ、背面にはFeliCaマークもあった

またソニーモバイルの担当者は、最新モデルの「Xperia XZ3」が前モデルの「XZ2」より薄くできた理由の1つに有機ELを挙げます。画素が自ら発光する有機ELは液晶と異なりバックライトが不要なため、構造的に薄型・軽量化できるメリットがあります。


▲ソニー Xperia XZ3 の薄型化には有機ELも寄与した

なおシャープは『表示面ではOLEDに優位性があるとは考えていない』と語りますが、液晶が「グレーがかった黒」しか表現できないのに比べ、有機ELは「漆黒」を表現できるためコントラスト面で圧倒的に優位。なお、液晶に比べて焼き付きが発生しやすいデメリットも有機ELにはあります。

とはいえ「薄さ」「デザイン」は、昨今のフラグシップスマホにとって極めて重要な要素。『液晶は死んでいない』と主張する各社が語る有機ELのアドバンテージを聞く限り、フラグシップスマホで液晶が有機ELに太刀打ちできないことは、想像に難くありません。

スマホ以外ではどうか?

スマホに比べ、有機ELシフトが進んでいないのがPCです。

PC市場で世界大手・レノボのケビン・ベック氏(ワールドワイド・コンペティティブ・アナリスト)に話をきいたところ『有機ELは漆黒を表現できるのが本当にすごいと思っている』と、画質面でのアドバンテージを認めます。

▲有機ELを搭載したLenovo X1 YOGA(OLEDモデル)、後継は出ていない

とはいえ、ネックは消費電力だといいます。レノボは2017年に有機ELを搭載したX1 YOGAを発売しましたが、2018年は後継機種が出ていません。

ケビン氏は『X1 YOGAでは、有機ELモデルと液晶モデルで、バッテリーの持ちに2時間も差があった』と語ります。続けて『テレビのように常にコンセントにつながっていれば有機ELでも問題ないが、ノートPCはそうはいかない』とも付け加えました。

PC業界でスマホ・テレビほどの有機ELシフトが進む気配は、いまのところありません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: aquosr3, ifa2018, mobile, oled, sharp, xperia, xperiaxz3
216シェア
0
216
0
0

Sponsored Contents