Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

Googleアシスタントのルーティン機能、日本でも利用可能に

意外と早かった?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年9月3日, 午後02:40 in ai
137シェア
17
120,"likes":44
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Googleアシスタントで複数の決まった内容を一言で実行できる「ルーティン」機能。米国では3月から利用できましたが、これが日本でも使えるようになりました。同時に、7月に追加された日時指定でルーティンを自動実行するスケジュール機能も利用可能です。


ルーティンは、これまで日本で使えていた「今日はどんな日」機能を拡張したもの。標準では「おはよう」「おやすみ」「出かける」「ただいま」「仕事に行く」「家に帰る」の6つがプリセットされています。

各ルーティンは動作の内容をカスタマイズが可能。たとえば、「OK Google、おやすみ」で部屋の照明を消し、朝のアラームをセットして、入眠を促す音楽流すといった具合です。




これ加え、独自のルーティンも追加可能です。この後から追加するルーティンでは日時指定も可能です。いちいち命令しなくても、朝7時に音楽をかけ、コーヒーメーカーのスイッチを入れたり、旅行や出張で家を空けている場合にも、定期的に部屋の照明やテレビを点けたりできます。



なお、設定は、Google Homeアプリの「その他の設定 > ルーティン」から行うのですが、筆者の環境ではまだメニューは「今日はどんな日」のままでした。その場合でも、「OK Google、おはよう」などのルーティンで使うコマンドを指定すると、ルーティン機能の説明とともに、アプリ上にルーティン設定用のカードが表示されます。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

137シェア
17
120,"likes":44
0

Sponsored Contents