Sponsored Contents

cigarettesの最新記事

Image credit:
Save

マニアの間では常識?の新型「IQOS 3.0 MULTI(マルチ)」は年内発売?その形状と性能は?(世永玲生)

韓国では既に報道されてたりします

世永玲生(Reo Yonaga)
2018年9月4日, 午前07:00 in Cigarettes
52シェア
8
44,"likes":9
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

こんにちは。
加熱式タバコマニア界隈では年内にIQOSの新型が発売になるなんて噂が、まことしやかに囁かれてますが、なんでそんな話になっているのかを今回はお話してみたいと思います。

実は5月にIQOS 3とされるガジェットが「NEW IQOS IS COMING」というタイトルでYouTubeに公開されていました。既に韓国ではそれをもとにITニュースメディア大手「Electronic Times Internet」を始めとして新型IQOSはこうなる! 的な報道が復数されています。

「なんで韓国から?」と思う人がいるかもしれませんが、実はIQOSに限らず、韓国は加熱式タバコ先進国。Bluetooth搭載モデルも日本より韓国が先行していたり、ホルダーやポケットチャージャーも先行発売をしていたり、韓国限定カラーがあったり。
gloの新型「glo series2」も、近日中に韓国で先行販売が開始すると報じられてたりします。

リーク動画が一晩で削除

さて、ちょっと時間が戻りますが、事の発端は2018年5月15日にYouTubeへリーク動画がアップされたたことでした。
アップされた時点ではマニアも皆、半信半疑だったのですが。



一晩で動画が削除され、しかもその理由がフィリップ・モリス社からの「著作権侵害」という警告が表示されたことで一気に話が真実味を帯びました。



ちなみにポケットチャージャーはこんな形で......



ホルダーはこんな形でした。

特徴として挙げられるのは、ポケットチャージャーがスライド式の蓋を採用し、現行品IQOSの「蓋が閉まらない問題」は発生しないと思われるギミックとなっていること。ホルダーは若干現行品より太めに見え、表面の質感の良さと、パワーボタンが斜めについていること、そしてIQOSとエンボス加工されている点です。

このリーク動画の件は、韓国の様々なニュースメディアで報じられ、一部加熱式タバコマニアの間では、このデザインが「真」であるのが共通見解として語られるようになりました。

韓国サイトでは10本連続吸いと寒さ対策が報じられる

そして、7月になり、また韓国ニュースメディアが新型IQOSの情報を扱います。

韓国とアメリカで登録された名称と、特許内容から「10本連続吸い」と「寒さ対策」が報じられたのです。確かにホルダーが若干太いことからも、現行のバッテリー容量120mAhからバージョンアップし、10本連続吸いに対応というのは有り得そうです。

というのも、現行IQOSホルダーのバッテリー容量は3.2V 120mAhですが、一方で汎用バッテリーの「18650」は容量2400mAh程度で3.7Vの製品が極めて一般的に流通しています。そして、18650より長さも太さもひと回り小さい「16500」バッテリーは、容量1200mAh程度のもので直径約16mm、長さがフラットトップで5cm。現行のIQOSホルダーが14mmのため、ほんの少し太ければ、10回分の吸入が可能な容量を備えた16500クラスのバッテリーが十分に内包できるからです。

IQOSの新型に関する米国特許商標庁(USPTO)と連動した商標データベースサービスでの商標登録を見ると、「IQOS 3 MULTI FLEXIBLE&CONVENIENT IQOS MULTI HEAT CONTROL TECHNOLOGY 10 CONSECUTIVE MOMENTS」と、フィリップ・モリス・プロダクツが申請者として登録されており、性能的には
  • 温度調整機能(MULTI HEAT CONTROL)
  • 連続吸い可能(10 CONSECUTIVE MOMENTS)
であることまでは、正しいように考えられます。

MULTI HEAT CONTROL はIQOS互換機で定番の温度調整機能で間違いないでしょうし、10 CONSECUTIVE MOMENTSは「MOMENTS」が吸入行為の1セットを指すのであれば10回の連続吸入とみるのが自然でしょう。
10パフというのは流石にないと思いますし。

そして、チャンバーの火力もバッテリー性能の向上と共に高まり、冬季でも寒さ対策がなされており、寒い地域でも問題なく使えるようになると、韓国のニュースメディアでは報じています。

真冬のソウルに行ったことがあるのですが、確かに無茶苦茶寒くて、スマホを持つと冷えた金属部分が痛い位でした。確かに寒さ対策は韓国で必須の機能でしょう。

フィリップ・モリスコリア代表が注目の発言を

更に、この報道の少し前にフィリップ・モリスコリアの代表の発言として興味深い内容が報じられています。

「IQOSが韓国で発売された時の様に、(先に)日本で新製品が発売されれば、それと似た適切な時期に韓国でも発売になる。」

「新製品は年内に発売になる」

ここまで情報が出ていると、新型IQOSは「IQOS 3.0 MULTI(マルチ)」で、10回連続で吸えて、温度調整機能がついていて、しかも年内発売なのは間違いないような気がするのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cigarettes, Gadgets, iQOS, PMI, tobacco
52シェア
8
44,"likes":9
0

Sponsored Contents