Sponsored Contents

xperiaの最新記事

Image credit:
Save

秋まで待てない「Xperia XZ3」まとめ。見どころは有機ELディスプレイだけじゃない

IFA 2018での発表内容を総ざらい

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2018年9月4日, 午前09:00 in xperia
89シェア
10
79
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ソニーモバイルコミュニケーションズがIFA 2018にて発表した「Xperia XZ3」。シリーズ初となる有機EL(OLED)ディスプレイを採用するのが大きなポイントですが、その他にも見どころが盛り沢山の端末です。

日本での発売もアナウンスされており、各キャリアから秋モデルとして登場する見込み。今、最も熱いAndroidスマホと言えるでしょう。ここではひと足先にその魅力をチェックしてみます。

Gallery: Sony Xperia XZ3 | 17 Photos

17


ソニー Xperia XZ3発表 初の有機EL、薄くスタイリッシュに大刷新

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドイツ・ベルリンのIFA 2018会場より。ソニーモバイルが新型スマートフォン「Xperia XZ3」を発表しました。シリーズ初となる有機EL(OLED)ディスプレイを採用するほか、XZ2で不評だった「厚さ」を改善するなど各所をブラッシュアップしています。(つづき)

液晶を捨てて大正解 ソニー新フラグシップ Xperia XZ3の実機に触れる



ソニーモバイルがIFA 2018にて発表した「Xperia XZ3」は、先代の「Xperia XZ2」に比べてどこが変わったのでしょうか。

大きな変更点はディスプレイです。Xperiaシリーズ初となる有機EL(OLED)を採用し、画面サイズは5.7インチから6.0インチへ、約0.3インチ大型化。画面解像度も2160 x 1080から2880 x 1440へと高精細化を果たしています。(つづき)

ソニーXperia XZ3 対 XZ2 詳細スペック比較。初の有機EL以外どう変わった?



ソニーXperiaシリーズ初の有機ELディスプレイ採用モデル、Xperia XZ3と前モデルXZ2の詳細仕様比較をお伝えします。

Snapdragon 845プロセッサや4GB RAMは変わらない一方、表示方式が変わったことで薄くなり、曲面ディスプレイのエッジを使うサイドセンスなど新しい操作も加わりました。そのほか前面カメラの強化、スピーカーの音量増、「構えて自動カメラ起動」などソフトウェア改善も多数みられます。(つづき)

ソニー Xperia XZ3実機動画



ドイツ・ベルリンのIFA 2018会場より。ソニーモバイルが発表した新スマートフォン「Xperia XZ3」の実機動画を速報的にお届けします。(つづき)

Xperia XZ3の背面ノッチ、理由は?



「Xperia XZ3」には、実はノッチがあるってご存知ですか?

ノッチといってもiPhone Xのように画面上部にあるわけではありません。背面のUSB-C端子まわりに、凸字型のノッチ(切り込み)があります。(つづき)

スマホ液晶に近づく「死」 Xperiaまで有機ELへシフト



スマホ向け液晶は、明らかに死へと向かっています。

サムスンを筆頭にアップル・ファーウェイなどの各社がディスプレイを有機ELへシフトを進めるなか、ソニーモバイルも最新スマホ「Xperia XZ3」でついに有機ELを採用。また、IGZO液晶をあれだけ推していたシャープですら、ドイツ・ベルリンのIFA 2018で有機ELスマホをお披露目しています。(つづき)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

89シェア
10
79
0

Sponsored Contents