Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

2019年iPhoneには画面埋め込みTouch IDが搭載されない?Android端末には普及とのアナリスト予測

指紋認証、便利ですもんね

Kiyoshi Tane
2018年9月5日, 午後12:15 in Mobile
52シェア
6
46
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

これまでも噂に上りつつ、結局は実現していない新iPhoneへのディスプレイ埋め込み式Touch ID(FOD:Fingerprint On Display)の搭載ですが、やはり2019年モデルのiPhoneにも採用されないとの予測が報じられています。

アップル未発表製品の予測で知られるTF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、2019年内にはFOD市場は500%もの伸びを示すとのこと。ただし、アップルは2019年型iPhoneにこれを搭載しないとの予想が述べられています。

まだiPhone XがiPhone 8(仮)と呼ばれていた2017年7月、Kuo氏は「OLEDディスプレイの下に指紋認証のTouch ID機能が組み込まれる」との噂を否定していました。その後、発売されたiPhone Xがその通りの仕様だったことはご存知のとおりです。

Kuo氏のレポートでは、Face IDはiPhoneの生体認証セキュリティソリューションとして上手く機能しているとのこと。その代わり、AndroidがFOD技術が着実に改善されるテストベッドになるとしています。

今までのところFODはハイエンドのOLEDモデルに限られ、ミドルレンジのLCDモデルにはサポートされていませんでしたが、Kuo氏はこの状況も変わって普及の裾野が広がっていくとの見通しを述べています。
FOD
Android端末のメーカーは、iPhoneと差別化する手段としてFODを採用していく意向だとか。その理由として、Kuo氏は次のような要因を列挙しています。

  1. iPhoneの(Face IDに対する)ユーザーの反響が予想以上に低い
  2. FODを採用したVivo X21に対するユーザーの反響が予想以上に高い
  3. FODはハイエンドスマートフォンに必要な全画面デザインにとって最高の指紋認識ソリューションであること
Kuo氏は、現時点では画面の一部にしか反応しないFOD技術が、来年後半には全画面センシングへと進化するよう研究開発の努力が注がれると強調。そして2019年前半までには、「ユーザーエクスペリエンスの著しい改善」を伴って、FOD対応ディスプレイの製造業者が増えると予測しています。

さらに2019年第1四半期に登場が予想されるサムスンのGalaxy S10は、ディスプレイにFOD技術を採用する予定とのこと。こちらは韓国メディアThe Bellが、今年6月にも同様の予測を報じていました。

多くのユーザーがTouch IDへの愛着を深めているからこそ、何度も流れる(そのたびに否定)と思われる新iPhoneのFOD搭載に関するうわさ。2018年から2019年にかけては、アップル対Android陣営の「顔 vs. 指」になる一方で、指紋に惹かれながらも踏みとどまるiPhoneユーザーのアップル愛が試されそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

52シェア
6
46
0

Sponsored Contents