Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

実用化目前の「5G」に向け、KDDIが新ビジネス開発の拠点をオープン

未来の新サービスがここから生まれる?

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年9月6日, 午後12:30 in au
40シェア
0
40
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
KDDIは5日、新規ビジネスの開発を目指す企業の技術体験・交流拠点「KDDI DIGITAL GATE」を東京・虎ノ門にオープンしました。

世界中のキャリアで進む次世代モバイル通信「5G」に向けた開発競争。標準規格化も完了し、競争の焦点は「5Gを使って何をするのか」に移っています。

KDDI DIGITAL GATEの狙いも、ずばり5G時代に向けた新サービスを見出すことにあります。

そのターゲットは、小売、流通、飲食、運輸、建設など、多種多様なサービスを展開する大企業。こうした企業一般にとって、「5G」や「IoT」は、ニュースで名前を聞くだけの縁遠い存在と言えます。

一方で、それぞれの企業が抱える悩みはさまざま。KDDIが通信分野の技術を持っていたとしても、それをどう活用すれば各企業の悩みに答えられるのかは分かりません。

そのため、KDDI DIGITAL GATEでは、5GやIoTといった最新の技術を体験できる環境を、法人ユーザー向けに無料で提供します。そして法人ユーザー自身に、悩みを解決できるビジネスを着想してもらうことを目的としています。

構想からサービス開発まで支援

同施設では、アイデアを実際のビジネスに発展させる段階も支援します。KDDIがこれまで積極的に取り組んでいた「アジャイル開発」(少人数チームで試作を繰り返す開発手法)を応用。200人体制という同社のアジャイル開発センターがビジネス開発に協力します。



また、KDDIグループや提携する各企業もサポート。例えばIoTの活用では、傘下のソラコムがIoT向け通信サービスを紹介。IoTデバイスから得た情報を活用する段階では、データ分析を手がける子会社ARISE analyticsや、クラウドサービスを展開するiretなどがサポートします。

さらに施設内には、28GHz帯の5G試験基地局を整備。屋内に試験基地局とアンテナを配置しており、5G対応タブレットを使ってデモンストレーションが行なえます。


▲5Gの送受信状況を再現するサーバー。開発中のロボットなどを接続して動きをチェックすることもできる


▲数十台の商用カメラから自由視点映像を合成する技術のデモ


▲5Gの基地局設備の一部

KDDI DIGITAL GATE▲施設内の5G基地局から送信される映像をタブレットに表示

KDDI DIGITAL GATE▲AIなどの技術の展示も。これは画像認識で商品を判別するレジ

ベンチャー支援の「ムゲンラボ」も集約

KDDI DIGITAL GATEのオープンにあわせて、同社が継続して実施している「KDDIムゲンラボ」の拠点も、渋谷ヒカリエから同地に移転します。

ムゲンラボは、優れたベンチャーの発掘と成長支援を行うインキュベーションプログラム。今年の4月に社長に就任した高橋誠氏が執行役員時代から担当してきた事業でもあります。

KDDI DIGITAL GATEはムゲンラボの拠点ともなり、プログラムに参加する企業のミーティングも垣根を隔てず行われることになります。アイデアを求めて訪れた大企業との交流を促すことで、新たなビジネスに繋げていく狙いです。

KDDI DIGITAL GATE▲KDDI 高橋誠社長(中央左)とKDDI DIGITAL GATEの山根隆行センター長によるテープカット

KDDI DIGITAL GATE
▲グループのベンチャー企業やムゲンラボ参加企業のメンバーも駆け付けた

5Gの先行展開も検討中?

東京オリンピックが開催される2020年を目指し、5Gの開発を進めているKDDI。

質疑応答では、5Gの実用化に向けたスケジュールが問われました。それに対し高橋社長が「具体的なスケジュールは決まっていない」としつつも、「ドコモさんも先行トライアルをするとおっしゃっていますし、やってもいいじゃないかな」と、サービス内容や地域を限定した先行展開の可能性も示唆しました。

なお、KDDI DIGITAL GATEの5G展示では、昨年の平昌オリンピックで展示されていた端末と同型と思われる、サムスン製の5G対応タブレット端末が使われていました。
KDDI DIGITAL GATE▲展示のタブレットの裏側を見ると「無線局免許証票」のシールが

以前の5G端末試験機は、小型の冷蔵庫ほどの大きさがありましたが、いよいよ手に持てるサイズまで小型化したことになります。これから数年の間に、5Gを使った未来のサービスが多数登場することになりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KDDI
関連キーワード: 5G, au, Au KDDI, KDDI, KDDI DIGITAL GATE, showroom
40シェア
0
40
0
0

Sponsored Contents