Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

6.5インチ新iPhoneは「iPhone Xs Max」?複数のメディアが噂を報じる

サイズがジャンボだけにMax

Kiyoshi Tane
2018年9月6日, 午前11:35 in AppleRumor
156シェア
30
89
0
37

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

9to5Mac

今月12日に発表が確実視される新iPhoneのうち、5.8インチOLED版については「iPhone Xs」であるとの予測が先週報じられました。その大型バージョンである6.5インチOLED版が「iPhoneXs Max」であるとの噂が、2つの海外メディアにより伝えられています。

1つは米メディアのBGRで、もう1つはアップル系情報サイトの9to5Mac。いずれもiPhone 6以来使われてきた「Plus」という修飾語が「Max」に置き換えられる可能性が高いとしています。

さる8月末に9to5Macが自称リーク画像とともに報じて以来、5.8インチOLED版の名称が「iPhone Xs」という予測は、半ば定説となっています。

かたや「大きい方」こと6.5インチOLED版に関してはPlusは付かない"可能性"ということで、iPad Proのように大小ともiPhone Xsと呼ばれるのか、それともPlusに代わる何かが付くのか、解釈の余地が残されていました。

最新の記事では、BGRと9to5Macともに「2つの情報源」を元にして、大型バージョンOLED版の修飾語に「Max」が使用される可能性が高いと述べています。うち9to5Macは「アップルのマーケティング情報に精通する2人」としていますが、両者とも同じ情報源かもしれません。

アップルはiPhone 6/6 Plus以降、同世代のiPhoneに大小のバージョンを提供し、大型には後ろに修飾語をつけるのが慣例となっています。これまでは「Plus」でしたが、2018年からは「Max」に置き換える可能性もあるとのこと。

今年の新iPhoneは5.8インチOLED版と6.1インチLCD版、6.5インチOLED版と予測されています。この中では6.5インチのサイズが一番大きい、つまり「Max」になります。

ASUSのZenFone Maxシリーズなど他社製品にも使われているネーミングを採用するのはアップルらしくない感もありますが、もし今回の噂が正しければ、ディスプレイの大きさを特に強調するための「Max」かもしれません。

Source: 9to5Mac, BGR
関連キーワード: apple, AppleRumor, iphone, iphoneX, oled
156シェア
30
89
0
37

Sponsored Contents