Sponsored Contents

Pokemon GOの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGOでキラポケモン確定交換スタート。回数限定、条件と注意点

残弾数に注意

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年9月6日, 午後05:00 in Pokemon GO
118シェア
24
50
0
44

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

ポケモンGOで、一定条件を満たせば必ず「キラポケモン」が手に入る施策が始まりました。

交換でのみ手に入る「キラポケモン」は、強化コストが安く倍速で育てられ、能力値も高い特別なポケモン。

レイドやジム戦のためポケモンを強化しているとあっという間にすなやアメが足りなくなりますが、戦略的にキラポケモン化を確定できれば、強力な種族かつ育成が容易という、バトルにおいて理想的なポケモンが手に入ることになります。



従来公式では「交換の際に一定確率でキラになる」「ポケモンボックスで過ごした時間が長い(捕獲が古い)ほどキラになりやすい」といったルールのみが明かされていました。


新たに告知された「キラ確定」のルールは:

・交換するトレーナー双方とも、これまで手に入れたキラポケモンが10匹未満(9
匹まで)のとき

かつ、

・2016年7月-8月からポケモンボックスに居たポケモンを交換に出す

こと。

つまり約2年前のサービス開始時すぐにポケモンGOを遊んでいたプレーヤーで、まだキラを10匹所有しておらず、かつ「古いポケモンほどキラになりやすい」狙いで2016年夏取得のポケモンを交換に出し切ってしまっていない場合の交換のみ、およびその交換相手のみ、今回の施策の恩恵に預かれます。

今回のルールで注目なのは、「双方が」2016年7月・8月のポケモンを交換に出した時のみとは言っていない点。

キラポケモンはこれまで、交換に出された双方がキラになる仕組みでした。

つまり今回のキラ確定ルールを踏まえれば、かつナイアンティックが条件を調整していなければ、片方が2016年夏(〜8月)までのポケモンを出すことで、もう一方は任意のポケモンをキラにできることになります。

実際に必ずこのとおりになるかどうかは、元から確率依存のため検証の回数が必要ですが、

・手持ちの2016年7・8月入手ポケモンの残弾数
・残りのキラポケモン取得数(10マイナスこれまでキラになった数)

を踏まえて、どのポケモンを交換に出すか、悩みながら決めることになります。

必ずしも現環境でメタゲーム的に強い、実用的なポケモンをキラ化することにこだわらず、好きなポケモンをキラキラさせるのもひとつの見識です。

しかし確定で手に入るのは、上記のように2016年夏のポケモンを持っている数、これまでキラを手に入れた数に依存するほんの数匹、最大10匹。とりあえずどうでもいいポケモンを選ばないことだけは注意した方が良さそうです。


追記:すでにキラポケモンを10匹以上手に入れていても、片方が2016夏のポケモンを出すことで双方キラになった、との報告も多数。ですが、もとから確率依存かつ、古いほどキラになりやすいというルールがあるため、これが確定なのか、単に元から高確率なのかはまだ言い切れません。

118シェア
24
50
0
44

Sponsored Contents