Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12の「ボイスメモ」は使い勝手が一味違う:iPhone Tips

うっかり消したファイルも復元可能に

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年9月8日, 午前08:00 in iphone tips
229シェア
20
60
0
149

連載

注目記事

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View


本年秋に登場するiOS 12では、「ボイスメモ」アプリがアップデート。従来よりも使い勝手を優先したデザインに整えられています。録音ファイルの検索機能が追加され、うっかり消去したファイルを復活させられるのが魅力です。本記事では、その基本画面と操作について紹介しましょう。

なお、本記事では、取材に基づく特別な許可を得た上で、iOS 12のパブリックベータ版をインストールした端末の画面を用いています。正式版として公開されるものと、一部手順が異なることもあり得ますので、ご留意ください。

Gallery: iOS 12、新「ボイスメモ」の使い方 | 5 Photos

5

録音ボタンは押しやすい画面下部に

従来の「ボイスメモ」アプリでは、録音開始ボタンが画面上部にありましたが、新しいデザインでは、画面下部に位置するようになりました。iPhoneを机上に置いて使う場合には前のデザインでも問題ありませんが、手持ちで利用する場合には新デザインの方が使いやすそうです。


▲デフォルトでは「便利ツール」フォルダ内に入っている「ボイスメモ」アプリをタップして起動(左)。新しいデザインでは、画面下部に録音ボタン、上部に保存した音声ファイルが配置されます(右)

ちなみにアプリアイコンも、「白地に黒」から「黒字にカラー」に変わっていますね。

さて、録音を開始すると、下部の黒いエリアが広がります。上へスワイプすることで、録音画面が確認しやすくなりました。


▲録音を開始すると、黒い部分が広がります(左)。さらに上にスワイプして録音画面を広げることも可能(右)

編集や削除の操作が変わった

保存したファイルを編集する場合、従来は「編集」ボタンをタップすればOKでしたが、新デザインではメニューの項目に編集が含まれているので、覚えておきましょう。ここから複製やトリミングといった操作が行えます。


▲ファイルを選択し、左下のメニューボタンをタップ(左)。編集や複製、共有といった操作が行えます(右)

また、ファイルを削除すると、「最近削除した項目」というフォルダが作成され、削除したファイルが一時保存されるようになりました。ここから復元操作が行えます。

従来のように、一発でファイルが消去されないことで、誤操作で大事なファイルを消去してしまうリスクが減りました。これまでよりも安心して使うことができるはず。


▲ファイルを左へスワイプし、「削除」をタップ(左)。完全には消去されず、「最近削除した項目」に一時保管されます(右)

ファイルの検索も行える

保存ファイルが増えてきた場合には、検索機能を使うと便利です。画面上部にある検索ボックスにキーワードを入力すると、関連したファイルだけが表示されます。


▲「検索」ボックスをタップ(左)。キーワードを入力すると、ヒットしたファイルのみが表示される(右)

筆者も「ボイスメモ」アプリは仕事上頻繁に使うので、目的のファイルを簡単に見つけられるようになるのは嬉しいところ。とにかく、ファイル名の管理は重要になりそうです。

229シェア
20
60
0
149

Sponsored Contents