Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12で子どものスマホ利用時間を制限する方法:iPhone Tips

時間延長のおねだり交渉もあるよ

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年9月9日, 午前08:00 in iphone tips
247シェア
61
107
0
79

連載

注目記事

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

新型iPhone、アップルにとって最大の旨味はストレージの利益?部品の値下げが価格に反映されてないとのうわさ

Kiyoshi Tane, 18 時間前
View

今秋登場予定のiOS 12では、新機能「スクリーンタイム」を利用して、子どものスマホ利用時間を制限できるようになります。こうした設定は、子どものiPhoneを直接触って設定することももちろんできますが、ファミリー共有機能で子どもをファミリーメンバーに追加している場合には、親のiPhoneからリモートで設定可能です。ゲームやSNSの使いすぎを予防する有効な手段となるでしょう。

なお、本記事では、取材に基づく特別な許可を得た上で、iOS 12のパブリックベータ版をインストールした端末の画面を用いています。正式版として公開されるものと、一部手順が異なることもあり得ますので、ご留意ください。

Gallery: iOS 12で子どものアプリ利用時間を制限する方法 | 10 Photos

10

ファミリーメンバーのスクリーンタイムを設定する

ファミリーメンバーに追加している子どものアカウントに対し、親のiPhoneから「スクリーンタイム」機能を設定していきます。なお、本記事ではファミリーメンバーの登録方法には触れませんので、別途検索をお願いします。

親のiPhoneで「設定」アプリを起動し、「スクリーンタイム」をタップ。「スクリーンタイム」画面にある「ファミリー」の欄に、子どものアカウントが表示されます。これを選び、設定を行いましょう。初期設定で「休止時間」と「App使用時間の制限」をカスタマイズしていきます。


▲親:「スクリーンタイム」をタップ(左)。「ファミリー」欄で子どものユーザー名を選択します(右)


▲親:説明画面で「続ける」(左)。「休止時間」画面で、開始時刻と終了時刻を選択し、「休止時間を設定」をタップ(右)

休止時間の設定した間は、例外に指定したアプリを除き、全てのアプリが使用できなくなります。就寝時間とその直前に設定するのが望ましいでしょう。

続いて、特定カテゴリのアプリに対し、利用できる時間の上限を設定します。例えば、「ゲームは1日1時間まで」といった具合です。


▲親:「App使用時間の制限」画面で、時間制限を設定するカテゴリを選択し、「設定」へ(左)。制限時間を調整して「App使用時間の制限を設定」を選びましょう(右)


▲親:「続ける」をタップ(左)。4桁のパスコードを入力。確認画面で再度入力します(右)

これでスクリーンタイムが有効になりました。パスコードは使用時間延長の承認や、設定の変更時に入力が必要になるので、必ず控えておきましょう。また、子どもには知られないようにしてください。

ちなみに、ファミリーメンバーに登録していない子どものiPhoneを直接操作して設定を行う場合には、「設定」、「スクリーンタイム」、「スクリーンタイムをオンにする」、「続ける」、「これは子供用のiPhoneです」の順に設定していくことになります。

制限に関わらず常に使用できるアプリを指定する

上記で設定した制限によらない、例外設定も行えます。例えば、「LINE」は夜間でも使えるようにしておく、といったカスタマイズが可能です。こちらは「スクリーンタイム」画面の「常に許可」から設定を行います。


▲親:ファミリーメンバーのスクリーンタイム画面で「常に許可」をタップ(左)。Appを選択の欄にある「+」をタップすると、そのアプリが制限によらず常に使えるようになります(右)

子どものiPhoneからは親に時間延長を申請できる

さて、スクリーンタイムを有効にしたときの子ども側iPhoneの挙動を理解しておきましょう。

設定した休止時間に設定した時間帯になった場合、またはゲームアプリなどに指定した制限時間をオーバーした場合、該当するアプリアイコンが暗くなり、タップしても起動できなくなります。


▲子:制限に該当するアプリは暗くなります(左)。スクリーンタイムに関する設定を変更するにはパスコードが必要になるので、自由に変更はできません(右)

アプリを再度使いたい場合には、管理者に対して使用時間延長のおねだりを申請できます。もし、親が許可すれば、延長してアプリを利用できます。


▲子:暗くなったアプリアイコンをタップすると時間制限の画面が表示されます。延長をおねだりする場合には、「時間延長の許可を求める」ことができます(左)。続いて「リクエストを送信」をしましょう(右)

子どもからの延長おねだりに答える

子どもからおねだりがあると、親のiPhoneにはスクリーンタイムの通知が届きます。これをタップすると、スクリーンタイムの画面が起動するので、「時間延長許可リクエスト」の欄からチェックしましょう。パスコードを入力して許可するかどうか選択すればOKです。


▲親:時間延長申請の通知が届きます(左)。続いて「時間延長許可リクエスト」をタップ(右)


▲親:パスコードを入力(左)。応答内容を選択しましょう(右)

許可する場合は「15分間許可」「1時間許可」「終日許可」のどれかを選択します。許可しない場合には「承認しない」を選びましょう。


▲子:親がリクエストを承認してくれたかどうか、子どものiPhoneに通知されます

関連キーワード: app, apps, ios, ios12, iphone, iphone tips, ScreenTime, tips
247シェア
61
107
0
79

Sponsored Contents