Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

スマホ利用率、AndroidがiPhoneを上回る:MMD調査

若年層ほどiPhone

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年9月10日, 午後12:45 in mobile
520シェア
0
520
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

MMD研究所は「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」を発表。スマホOS別のシェアでAndroidがiOSを上回ったと発表しました。

調査期間は7月31日〜8月1日で、15歳から69歳の男女約5000人から有効回答を得られたとのこと。

その結果、メインで利用しているスマートフォンにおけるAndroidの割合は40.1%、iPhoneの割合は35.2%となり、AndroidがiPhoneを上回ったということです。



また、10代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回り、10代女性は72.5%がiPhoneを利用していると回答。



利用しているスマホにブランドでは、アップルが46.7%と首位。以降ソニーモバイルが14.9%、シャープが12.1%と続きました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MMD研究所
関連キーワード: android, ios, iphone, mobile, smartphone
520シェア
0
520
0
0

Sponsored Contents