Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12のFaceTimeで通話始めからミー文字に変身する方法:iPhone Tips

発信側ならできるワザ

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年9月10日, 午前08:00 in iphone tips
94シェア
11
30
0
53

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

iPhone Xで使える「アニ文字」の新機能として、iOS 12で「ミー文字」が登場します。自分でカスタマイズしたキャラクターの顔が実際の表情に合わせて動くというものです。FaceTimeのビデオ通話をする際にも利用できるため、寝癖ボサボサだったり、スッピンだったりしても心強い。今回は、ビデオ通話の開始時点で顔を隠しておくにはどうしたら良いのか解説します。

なお、本記事では、取材に基づく特別な許可を得た上で、iOS 12のパブリックベータ版をインストールした端末の画面を用いています。正式版として公開されるものと、一部手順が異なることもあり得ますので、ご留意ください。

Gallery: FaceTimeで「ミー文字」を使う方法 | 5 Photos

5

スタート時点で利用できるのは発信者のみ

FaceTimeでのビデオ通話が開始されるタイミングで、あらかじめミー文字を適用させておくことができます。ただし、この操作ができるのは発信者のみ。受信者が応答して通話が始まるまでのプレビュー画面でミー文字を適用させましょう。一方の受信者は受信後に同機能を利用するまで、自身の顔が表示されます。


▲ホーム画面で「FaceTime」を(左)。通話相手を選択します(右)

この時点でFaceTimeが発信されるので、急いでエフェクトを選択します。左下にある星形のアイコンから、アニ文字を選択しましょう。


▲画面左下にあるアイコンをタップ(左)。エフェクトの一覧からミー文字のアイコン(お猿さん)を選びましょう(右)


▲アニ文字が起動したらミー文字を(左)。通話相手が応答した段階でミー文字が適用されているのがサムネイルからわかります(右)

これなら寝癖がひどくても、ヒゲボーボーでも、ビデオ通話ができそうです。ただし、カメラの向きや位置がズレると、アニ文字が解かれて、素顔が見えてしまうこともあるので、ご注意ください。あくまで自己責任で。

受信時の利用方法も基本は同じ

さて、FaceTimeを受信した場合にも、基本的には同じ手順でミー文字を適用します。画面を一度タップすると、メニューが表示されるので、画面左下にある星型のアイコンをタップ。あとは同様です。


▲左下の星型アイコンから、アニ文字を選択(左)。ミー文字を選ぶと適用されます(右)

ちなみに、ミー文字は他のエフェクトと重ねての利用も可能です。スタンプや記号、テキストなどを加えると、画面が賑やかに。正式版で使えるようになったら試してみてくださいね。


▲アニ文字を選択するのと同様の手順でスタンプやテキストなどが使える。画面の好きな場所に配置してみましょう

関連キーワード: animoji, app, apps, facetime, ios, ios12, iphone, iphone tips, memoji, tips
94シェア
11
30
0
53

Sponsored Contents