Sponsored Contents

esportsの最新記事

Image credit:
Save

東京ゲームショウ2018はeスポーツに注目!観戦だけじゃなく飛び入り参加できる大会もあります

一般公開日は9月22日と23日です

岡安学, @digiyas
2018年9月10日, 午後04:30 in esports
160シェア
79
45
0
36

連載

注目記事

9月22日・23日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2018。発売前のゲームの試遊あり、ここでしか買えない物販あり、開発者や声優のトークショウあり、コスプレありと、今年も盛りだくさんの内容です。

毎年見どころが多い東京ゲームショウですが、その中でも今回、特に注目したいのが特設会場(幕張メッセ ホール11)にて展開されるステージイベント「e-Sports X(イースポーツクロス)」です。全8タイトルの大会が行われる「e-Sports X」では、「BLUE STAGE」と「RED STAGE」、2つのステージが用意され、それぞれのステージで熱戦が繰り広げられます。

東京ゲームショウでは2012年からeスポーツイベントが開催されているのですが、今回はeスポーツ観覧に加え、実際に参加できるものも。早速、イベントの内容をチェックしていきましょう。

22日は、RED STAGEで「パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW2018」、BLUE STAGEで「FORTNITE エキシビジョンマッチ in TGS2018(仮)」「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」「ドラゴンボール ファイターズ 日本一武道会」が開催される予定です。


「パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW2018」は、「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のプロゲーマー9名によるトーナメント大会。「パズドラレーダー」の対戦モードを使って行われます。賞金総額1000万円、優勝者は賞金500万円を獲得できます。

「FORTNITE エキシビジョンマッチ in TGS2018(仮)」は来場者参加型の大会ですが、詳細は未発表です。来場者だけでなく、有名プレイヤーも参加できる予定とのことなので、有名プレイヤーと一緒にプレイできるチャンスです。


「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」は、これまで半年間に渡るリーグ戦を勝ち抜いた上位2チームによる対抗戦です。優勝チームには賞金800万円が贈られるとのこと。


「ドラゴンボール ファイターズ 日本一武道会」では、9月9日までに事前エントリーを受け付け、22日に予選と本選を行う予定となっています。最大出場者枠は128名。当日エントリーも受け付けるとのことですが、事前エントリーが出場枠を満たない場合のみのようなので、飛び込み参加は期待薄な感じです。

23日は、RED STAGEにて「セガゲームス公式 ぷよぷよチャンピオンシップ in TGS2018」「ウイニングイレブン 2019 オンライン CO-OP トーナメント(仮)」、BLUE STAGEにて「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 Day2」「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア」が行われます。


「セガゲームス公式 ぷよぷよチャンピオンシップ in TGS2018」は、プロライセンス選手賞金大会の特別大会扱い。1年を通じて開催するリーグ戦の1つとして開催されます。年間ランキングの対象で、優勝賞金は100万円です。

「ウイニングイレブン 2019 オンライン CO-OP トーナメント(仮)」は、複数人での対戦となるCO-OPモードを使ったトーナメント形式の大会。16人のプロライセンス保持者のほか、メディア大会優勝チームや、茨城国体プレ大会の優勝チームも参加予定です。さらに9月1日に実施されたアジア競技大会で「ウイニングイレブン 2018」本戦に参加したアジア各国の代表選手と、日本チームが対戦する「Asian Games エキシビションマッチ」も開催される予定となっています。


「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」は、プロライセンス保持者9名の中から国際大会に派遣する選手を決める大会です。21日にダブルエリミネーション方式の予選を行い、そこでウイナーズ4名、ルーザーズ2名を決定します。そして23日に決勝トーナメントを行い、上位3名が日本代表として、11月に台湾・高雄で開催される「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」、2019年1月に開催予定の「日本・サウジアラビア eスポーツ 国際親善試合」へそれぞれエントリーされることになります。


「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア」は、「ストリートファイターV アーケードエディション」のプロツアーです。ただし、プロ選手だけでなく、13歳以上であれば誰でも参加することができ(未成年者は保護者同伴が必要、応募締め切り8月31日)、予選を勝ち抜いた上位8名にはJeSU公認プロライセンスを発行予定とのこと。22日に予選、23日に決勝トーナメントが開催されます。優勝賞金は500万円。

以上が「e-Sports X」として、特設会場で行われる8つの大会です。
これ以外にも各メーカーのブースでは、いくつかのeスポーツイベントが開催される予定。現時点で確認できているブースとタイトルを紹介しておきます。

大炎上#コンパス グランドスラムTGS2018大会
22日14時45分〜
スマホアプリ「#コンパス」のeスポーツ大会。ファミ通コンパス杯、Lobiばとる祭、サタデーバトルリーグで好成績を収めた4チームが「#コンパス」最強の座を争います。

「DEAD OR ALIVE 6」スペシャルトーナメント
23日16時〜
2019年初頭に発売予定となる3D対戦格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 6」の来場者参加型トーナメント。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ゲーム大会 幕張メッセ決戦!
22日13時40分〜、23日14時15分〜
人気タイトル『地球防衛軍』シリーズのナンバリングではないスピンオフ的作品「EARTH DEFFENSE FORCE:IRON RAIN」のゲーム大会。当日ディースリー・パブリッシャー ブースにて参加者を募集するそうです。

PUBG JAPAN SERIES season1
22日、23日(時間未発表)
PUBG公式大会となる「PUBG JAPAN SERIES season1」の開幕戦が行われます。国内のPUBGプレイヤーに世界大会への切符が掴める公式大会の場になるそうです。

「モンスターハンター:ワールド」DREAM MATCH in TGS 2018
23日10時15分~
今年の夏に日本、韓国、アメリカ、台湾、香港の5地域で行われた「モンスターハンター:ワールド」公式大会の上位入賞5チームによるドリームマッチ。2つの大会クエストの合計クリアタイムで競い合う。

このほかにも未発表ながら大会イベントを予定しているメーカーがありそうなので、気になる人は東京ゲームショウの特設サイトやメーカーサイトをこまめにチェックしておくべき。有名プレイヤーの腕前を堪能したり、自分の腕試しとして参加してみたり、今年の東京ゲームショウはeスポーツ中心で回ってみるのもオススメですよ。


関連キーワード: e-sports, esports, event, events, game, games, tgs, tgs2018
160シェア
79
45
0
36

Sponsored Contents