Sponsored Contents

bankの最新記事

Image credit:
Save

ローソン銀行が発足、キャッシュレス決済にも注力

サービス開始は10月15日を予定

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年9月10日, 午後02:32 in Bank
961シェア
468
371
0
122

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


ローソン銀行が本日(9月10日)発足しました。一般向けサービスは10月15日に開始予定。WEBサイトも本日よりオープンしています。

サービス開始当初は、個人・法人向けの預金口座(普通・定期)に加え、インターネットバンキングを提供。ローソンでの買い物がお得になるクレジットカードも来年1月をめどに発行します。

またキャッシュレス決済にも注力します。ローソン銀行の山下雅史社長は『キャッシュレスはクレジットカード・QR・NFCなどいろいろな仕組みが乱立している』として『私達はもう少し根本に立ち戻り、ローソンATMから引き継いだ90を超える金融機関とのネットワークを通じて、新しい決済の仕組みを提供したい』と語ります。

肝心の中身については『フロントで"なんたらPay"を始めるかもしれないが、それよりも根本(銀行口座やATM)でキャッシュレスを支えるサービスを提供していきたい』とコメント。『例えば、お客様のスマホアプリに銀行口座を登録するだけで決済ができたら便利』(山下社長)などと説明します。また。小売店の決済手数料の負担軽減にもチャレンジするといいます。

「キャッシュレス社会であっても、その根本には銀行口座が結びついており、お客様の決済にかかわる情報が入ってくる。それをベースに、より効率的なコスト構造の軽いサービスを提供できる」(ローソン 竹増貞信社長)





また事業面では、ローソンから引き継ぐATMビジネスを稼ぎ頭に、そこで得た利益を新たな事業部に投資する方針です。

そのほか、開業から1・2年でコンビニで買える投資信託などの資産形成サービスを提供するほか、電子マネーをATMで現金化するサービス、釣り銭の自動積立サービスなどを提供。地域金融機関と連携した機能の開発にも取り組み、消費者と提携金融機関・ローソン実店舗がつながる新しい金融コミュニティを構築するプラットフォーム・ビジネス展開を目指すとしています。


関連キーワード: bank, fintech, lowson, payment
961シェア
468
371
0
122

Sponsored Contents