Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XS・XS Max・XR、Apple Watch Series 4 実機の印象は?:現地からの報告

予想通りの「金」もライター陣の注目は…

ACCN, @ACCN
2018年9月13日, 午後04:45 in apple
219シェア
64
67
0
88

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

予想が大ハズレ......にならず、とりあえずホッとしております。まさに「金」まみれでしたね!


金をヒーロー端末としたiPhone XS、iPhone XS Max、Apple Watch Series 4、あと、金はありませんでしたバリエーションで攻めてきたiPhone XRがお披露目された直近のApple発表会。ご案内させていただいてた通りEngadget 日本版ではリアルタイムで記事更新、ライブ配信を行ないました。現地へは編集長(私)が飛び、ハンズオン会場で一応すべての実機に触れています。それをその場からツイートし、速報としてまとめた記事が3本出ています。


ごく短時間かつ大混雑のなか、さらに今回ライブ配信をつなぎながらという状況でしたので、たいへん荒削りではありましたが、臨場感は伝わったのではないかなと。追って個々の端末についての詳しいレビューもたくさん上がりますので、引き続きApple最新情報はEngadget 日本版にご注目いただきたく、よろしくお願いいたします。

さて今回、発表された4製品については、一緒に実機を見る機会に恵まれたライターさんともいろいろ意見を交えました。それらを頭の中で整理し、もう一度個人的に気になったポイントを挙げてみたいと思います。

iPhone XS・XS Max



XS Maxは、たんなるXSの大きい版か? カメラ機能などはiPhone 8と8 Plusの間には差がありました。しかし、XSでは同じです。双方の実機を見て、画面の大きさやスピーカー音量など、やはり大きいほうが私個人的にはいいなと感じました。重さはPlus同様200g以上あり比較的重たいスマホの部類に属しますが、重量バランスがよく、重たいとは感じませんでした。今回、中国市場向けにデュアルSIMが用意されますが、会場に実機の展示はありませんでした。

新色のゴールドですが、背面に関してはiPhone 8のゴールドに非常に近い色味ですね。どちらかというと女性向けかなのかな? 個人的には金縁で両面がブラックというパターンも見てみたかったです。



それと、実機とは関係ありませんが名称の表記がXSなのかXsなのかで実はちょっとした騒ぎがありました。メディア側の人はそういうのホント、大事なんです。反応を見ると、一般の方も相当関心があったようですが......。

余談ですが、XとXSは新色ゴールド以外、見た目にあまり変化ありません。見極めるポイントは以下。

iPhone XR

iPhone XRをiPhone Xの廉価版と報道しているメディアもありますが、どちらかというと8の後継と思います。実機を見たらごめんなさいって言うと思います。質感もよく、むしろ高級モデルと呼びたい。ホント、どの色も高級感あるんです。

▲レッドはPRODUCT (RED)。iPhone 8のそれとほぼ同じ色味・質感です。

前面ガラスはiPhone XSと同じで、Xより強度のあるものになっています。具体的に何倍とかはアナウンスされていませんが、iPhone史上最も強いガラスであることに違いありません(なお、説明員によると背面はiPhone 8と同様とのこと)。

▲液晶なので、X(左)ほど「画面だけ感」はありません。


▲8.3ミリはサイズの割に厚みを感じさせるかも(XSが両モデルとも7.7ミリと薄いので比べるとなおさら)。ただ、ステンレスよりマットなアルミを好む人もいるのではないでしょうか。

カメラはシングルですが、AIによりる背景ぼかしをかけられます。コレ、髪の毛とかきちんと判別していて、かなりいい具合でした。Xよりいいかも......。


Apple Watch Series 4



何より、画面占有率ですね。サイズが40ミリ・44ミリとなっていますが、それぞれ従来の38ミリ・42ミリとほぼ同じサイズ感、むしろ薄くなったぶんコンパクトに感じます。バンドは従来のものと互換性あるので、高いのを買った人も安心して機種変できます(今後、何用として売っていくのかややこしくなりそうですが)。実機だと、40ミリの画面が従来の42ミリくらいの感覚で見えました。


▲Series 4用のWatch Faceは、旧モデルのOSをアップデートしても入手できません。


▲いずれも新色となる、ゴールドのステンレススチールとミラネーゼループの組み合わせ。初代にあった何百万もするEditionと比べたいですが手元にありません。

ちなみにSeries 3にあった何百万円もしないEdition、すなわち筐体がセラミックのモデルですが、今回は用意されていません。このまま消えてしまうのでしょうか......。

目に見えない部分で感じる最大の違いは、デジタルクラウンが触感を返すようになった点でしょう。


▲カチカチカチカチ...と回転させると触感があります(実際に回ってもいます)。

iPhoneのハプティクスと一緒で、項目の選択などが心地よくなります。もちろん、サードパーティアプリにも対応しています。一度体験してしまうと、もうこれがないと物足りなくなりますね。

以上、またまた駆け足にはなりましたが、現地ハンズオンの補足でした。私個人的には、iPhone XS Maxの新色ゴールド......ではなく、スペースグレーの512GB、Apple Watchはセラミックにするつもりでしたが、なかったのでステンレスのどれかをと。みなさんの意見も是非、お聞かせくださいね。


219シェア
64
67
0
88

Sponsored Contents