Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

スイッチ用「カプコン ベルトアクション コレクション」発売決定。イーカプコン限定版は「ハイスコアガール」スピンオフも収録

CPシステムIIの外箱、うちには3つあります

Kiyoshi Tane
2018年9月14日, 午後02:45 in Beltscroll
92シェア
11
46
0
35

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


本日のニンテンドーダイレクトにて、カプコンのベルトスクロールアクショゲームをまとめて収録したニンテンドースイッチ用「カプコン ベルトアクション コレクション」が発表されました。

発売は9月20日で、価格はパッケージ版が3300円(税別)、ダウンロード版が3056円(税別)。すでにあらかじめダウンロード(発売前に購入し、ダウンロード予約しておく)も開始され、カプコンオフィシャルショップ「イーカプコン」では限定版の予約申込もスタートしています。



ベルトスクロールアクションとは、斜め上から見下ろした画面上で主人公が敵を殴る蹴る撃つ燃やす潰すで倒しながらボスのいる目的地に進んでいくアクションゲーム全般のこと。あたかもステージがベルト(帯)のようにスクロールしていくことから名付けられたジャンルです。

capcom

収録されるタイトルは「ファイナルファイト」「ザ・キングオブドラゴンズ」「キャプテンコマンドー」「ナイツ オブ ザ ラウンド」「天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い」「パワードギア」「バトルサーキット」7タイトル。うち「パワードギア」と「バトルサーキット」は今回が初移植とされています。

capcom

1本あたり400円~500円の低価格で有名どころが網羅されているのは有り難いこと。しかし、ラインナップが充実しているほどに「これがない!」とないものねだりをしたくなるのが高齢ゲーマーのさだめです。

capcom

無印の「天地を喰らう」が含まれないのは、溜め撃ちなどシューティング要素を含んでおりベルトから少し外れる、MCUと趣が異なるニック・フューリーが出る「パニッシャー」はアメコミ版権もの、押し寄せるエイリアンを銃と斬撃で蹴散らす名作中の名作「エイリアンVSプレデター」は......やはりカプコン、よく頑張ったと納得できるラインナップかもしれません。

capcom

7タイトルはすべて、おすそわけプレイやオンラインプレイにも対応。筐体の上に百円玉を積み上げて連コイン、ストックが切れると仲間が持ちこたえてる間に両替機に全速力で走って帰ってくるプレイは過去のものとなりそうです。

さらにイーカプコン限定として、「COMPLETE BOX」(1万3800円+税)と「LIMITED BOX」(1万1300円+税)の2タイプが、12月6日に発売予定で予約受付中。こちらはPS4版も用意されています。2つの違いは、前者がアーケード版復刻B2ポスターセットとアーケード版復刻インストポストカードセットが含まれるということ。

いずれも全アイテムを収納する専用BOXは、アーケードゲーム用システム基盤「CPシステムII」の外箱風デザイン。「当時なかなか手が届かなかった」とありますが、無理やり手を届かせて当時3枚ほど買った筆者のようなゲーマーは、内蔵バッテリー切れを思い出して冷や汗をかくかもしれません。



限定版2つにはイーカプコン限定グッズとして、書籍およびCD5枚組も同梱。書籍には各タイトルの貴重なイラストや資料、当時の開発者による開発秘話も満載されているとか。

capcom
さらに書籍には、テレビアニメも放映中の「ハイスコアガール」のスピンオフ4ページが、作者の押切蓮介先生自らの手により執筆されて掲載。80年代末のリアルゲーマーだった押切先生と記憶を共有できる描き下ろし作品を楽しみにしたいところです。


92シェア
11
46
0
35

Sponsored Contents