Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

watchOS 5配信開始。トランシーバーや「ヘイSiri」省略など更新多数、初代Apple Watchは非対応

8コンプリケーションの新文字盤は高精細なSeries 4限定

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年9月18日, 午前09:30 in Apple
247シェア
50
111
0
86

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


アップルが Apple Watch の最新システムソフトウェア watchOS 5 の配信を開始しました。

通知が届いていれば通知から、届いていなくても iPhone の Watch アプリで「一般 - ソフトウェア・アップデート」から手動確認してインストールできます。

watchOS 5 の主な更新点のひとつは、日々の運動量で勝負する「アクティビティの競争」やワークアウト開始・終了の自動検出、ヨガとハイキング追加、ランニングでケイデンスや直近ラップタイム表示など運動・健康系の大幅強化。

コミュニケーション系では「トランシーバー」アプリの追加。ウォッチ同士でPush to Talk 通話(ボタンを押しているあいだ話して「どうぞ」というあれ)ができます。モバイルデータ通信機能を内蔵したセルラーモデルでなくても、WiFiかiPhoneにつながっていれば利用可能です。

Siri では、ついに「ヘイシリ」を省略してただ用件や登録キーワードを言うだけでSiriが使えるようになりました (ただし Series 3以降のみ)。SIri 文字盤の先読み提案がさらに賢くなったほか、iPhone の iOS 12 新機能 Siri ショートカットで登録したキーワードをウォッチから実行できるなど全般に利便性が向上しています。



そのほか、
・iOS 12と同じく通知のグループ化
・音や振動無しでただ通知センターに加わるだけの「目立たない通知」をアプリごとに選べる
・純正 Podcastアプリと同期に対応(iPhoneを置いてWatchだけで運動中にいつもの番組を聴ける)
・OSアップデートを夜間に自動実行
・メールやメッセージのURLをウォッチで開いて確認
・天気にUV指数や大気の質も追加(対応地域のみ、国内はUV指数を参照可能)
・Watch側の設定アプリで直接WiFiネットワークを選んで、パスワードもタッチ手書き入力で接続可能に
・新しい文字盤 Fire & Ice, Vapor, Liquid Metal の追加

など。watchOS 5は初代のApple Watch (無印)を除くすべての Apple Watch に対応。Series 1でも使えます。



なお、9月13日のスペシャルイベントで iPhone XS, XS Max, XRと同時に発表された Apple Watch Series 4 では、

・30%広く高精細なディスプレイ
・新しい心電計の追加 (デジタルクラウンに指をタッチして計測)
・高精細を活かした新しい文字盤 (大きな時計表示と最大8つのコンプリケーション)
・スピーカー音量50%増
・プロセッサが64bit化、処理速度2倍。バッテリーは従来同等。
・内蔵ジャイロセンサ・加速度センサーの高精度化。転倒を検出して通知・緊急通報する機能も。

といった新機種だけの機能があります。

Apple Watch Series 4の国内価格は4万5800円~、9月14日予約開始 - Engadget 日本版


関連キーワード: apple, apple watch, applewatch, ios, iphone, smartwatch, watchos
247シェア
50
111
0
86

Sponsored Contents